笠岡@飲食店繁盛会です。たくさんの応援や感謝のメッセージ、ありがとうございます。

先週4/7にマイ・フェイバリット・レストラン(仮)構想をFacebookで問いかけたら、あっという間にシェアが広がって267以上のシェア。多くの方に賛同いただけました。感謝します。

●4/7の投稿

「1つでも多くの飲食店が生き残るためにお客様があなたのお店を応援できるプラットフォームを作りたい。この考えに賛同していただけませんでしょうか?」
https://www.facebook.com/hanjoukai/posts/3116787885038294

その反応をみて、神田先生と話して、正式に進めることに決定しました。アルマ・クリエーションと飲食店繁盛会のコラボプロジェクト本格始動です。

その後、週末も含めて今まで、賛同頂いたプログラマーの方と笠岡で、急ピッチで、システム設計、仕様の確認とテスト、モックアップの作成まで終えて、今、本番システム開発に着手しました。(実は、笠岡はITの専門家でもあります)

ということで、今月中にリリースします。

ちなみにマイ・フェイバリット・レストランという名称は、「マイヒッキー」という名称に変わります。その理由は、また今度。

利用イメージ図を新しくしました。こんな感じです。

サイトもスクリーンショットを撮れるくらいになりました。

このプラットフォームは一律1000円のクーポンが販売でき、お客様からの応援メッセージを受け取れるというシンプルな仕組みです。

決済はPayPayを使います。PayPayは、お店で登録したものでも店主の個人のものでもどちらでもOKです。

このサイトの飲食店の登録料は無料です。決済もPayPayなら決済手数料が無料なので、お客様の応援をそのまま全て飲食店に届けられます。

ただ、設計から始めて2週間程度でリリースする予定で動きますので、お店の方でチケットの管理とかを手動でしていただくことになります。手動ということは、お店の想いもお客様に伝えられます。お客様との距離感も縮まることでしょう。

ということで、少しお待ち下さい。

なぜこのプロジェクトが必要か?

なぜこのプロジェクトが必要か?

笠岡と神田昌典先生も含めたチームの想いを共有させてください。

今、笠岡は、ZOOM、LINE、FBメッセ、電話…と多くの飲食店の相談に(同時並行で)乗り、声を聞いています。

そして、多くの経営者が、折れそうな心を気力で頑張って乗り切っています。

一方で、外出の自粛が続いている中、大好きなお店を心配しているお客様がたくさんいる。

だからこそ、飲食店経営者を応援するプラットフォームが必要と考えました。

このプラットフォームは、登録すればどの飲食店でも1,000円クーポンの販売ができて、お客様からの応援メッセージを受け取れるという単純なものです。

実際問題、1000円のクーポンを販売しても、あなたのお店の経営環境が劇的に改善するかと言うと、そんなことはありません。

でも、今、必要なのは、お互い応援する氣持ちを届け合うこと。お互いを想う氣持ちを流通させる。ITを使うことにより、それがもっと広まる。

このお互いの氣持ちの交流によって、より多くの経営者とお客様が、今を頑張れる。元氣になる。

そんな思いで、システム開発して急ピッチで進めています。

しかし、このプロジェクトが必要な理由はこれだけではありません。

続きます

笠岡@飲食店繁盛会

]]>