お店のウリの見つけ方

お店のウリとは、お店のコンセプトと密接に関係しています。

お店のコンセプトというのは、皆さんもお店をオープンするときに、一生懸命考えたのではないでしょうか?

「ん?うちの店のコンセプトって何だっけ??」こんなことを思ってしまった人はいませんか? 

さて、お店のウリとは、コンセプトと密接に関係していますので、お店のウリを見つけるためには、お店自身を見つめなおさなければなりません。

売上アップのサポートを望む飲食店経営者の方で、お店のウリを一緒に探さなければならない場合、最低、次のことを見つめ直してもらいます。

1.地域におけるお店の立ち位置

まずは、地域におけるお店の立ち位置を見つめなおします。
・お店の立地はどんなところか?
・地域のお客様はどんな属性の方が多いか?
・お店は、どのように使われているか…

2.お店の資源を洗い出す資源とは、お店の中にあるものです。

良いものも悪いものもすべてです。
・あなたのお店は、どんなことができて、どんなことができないか?
・どんなことが得意で、どんなことが不得意か?

3.立ち位置と資源からお客様から認めてもらえて、かつ得意なことは?

お店の立ち居地とお店の資源から、皆様のお店が得意で、かつ、お客様が認めてくれものを選びウリに育てる。

と、こんなステップを踏みます。

よくあるパターンは、「お店とお客様」のブレです。例えば、お店側が、「うちの店は、ハンバーグに自信がある!」思っているけど、お客様は、「あのお店は、ハンバーグより、グラタンがおいしいよね」と思っているパターンなどです。

こうならないために、「お客様が認めもらえて…」という形で、お客様視点で考えなければならないのですが、実は、ウラ技★があります。

それは、お客様が発する言葉からウリを見つけることです。例えば、「何人ものお客様から同じようなお褒めの言葉をいただいたものをウリの候補に上げる。」などです。

お店では、ウリの商品だと思っていなかったが、熱狂的なファンのお客様が案外多いので、こっちの商品をウリに育ててみる・・という感じ。そうすると、お客様とお店のブレが少なくなります。他店との差別化の発見にも使えますよ。

お客様の言葉から商売につながる…基本といえば、基本なのですが、「お客様は最高のコンサルタント」と飲食店繁盛会がよく話す理由でもあります。皆様も試してみてください。

今日お伝えしたいこと

■ お店のウリを探すには、お店を見つめなおさなければなりません。
■ 具体的には、お店の立地、地域のお客様について、お店の使われ方など、お店の立ち居地を見つめなおします。
■ その次に、お店の資産の洗い出しをします。あなたのお店は、どんなことができて、どんなことができないか?どんなことが強くて、どんなことが弱いか?
■ 最後に、お店の立ち居地とお店の資源から、お客様が認めてくれるものをウリに育てる。
■ ・・・というステップを踏むのですが、実は、お客様の言葉を聴くことで、これらの作業をショートカットすることができる場合があります。


株式会社飲食店繁盛会
代表取締役社長 笠岡 はじめ