下げるな!メニューブック

あなたのお店はメニューブックを注文後、どうしていますか?
「メニューをお下げしますね。」とされているお店、
すぐに続きをお読みくださいね。
 
メニューを下げる行為。
小島はこう考えています。
 
メニューを下げる行為=追加オーダー・再来店を望んでいない
 
テーブル専任がいる高級店などは別です。
常に聞ける、常に欲しいことを察してくれる
サービスがあるのでメニューもシンプルで
メニューも下げても問題ないです。
 
ただ、テーブル専任担当がいない業態、
ほとんどの業態は、メニュー下げたらどうなるでしょうか?
 
注文できないですよね。
「ちょっと追加で食べたい。」
「今度は何食べよう。」
「他にはどんなメニューがあるのかな?」
「どんなこだわりがあるのかな?」
こうしたことを知ることができなくなります。
 
常連様はそんなにメニューを見ないですが、
初回来店の方は100%メニューを見ますよね。
 
そして、ファーストオーダーでは
じっくりと見れなかったけど、
注文した後は料理が提供されるまで
手持ち無沙汰でメニューを見たいですよね。
 
そのタイミングなのに
「メニューをお下げします」
となったら、
折角の再来店のチャンスと
追加オーダーのチャンスを
棒に振ることになります。
 
なので
メニューを下げる行為=追加オーダー・再来店を望んでいない
とお伝えしたわけです。
 
もし、テーブルが狭くて置けないのなら
工夫をしてみてください。
テーブルにかけるとか、立てかけるとか。
 
それでも難しいのなら
追加オーダーして欲しい商品やこだわりは
壁にポスターを貼るなど工夫してみてくださいね。
 
また、メニューを下げた方が良いという考えもあります。
理由として
・メニューが汚損するのを防ぐため
・写真でお腹いっぱいになるのを防ぐため
・メニューを置きっぱなしはサービス低下するから
という考え方です。
 
小島はこれはお店都合の考えではないかと思います。
メニューが汚れる破けること、
お腹いっぱいで客単価が減ること。
お客様には関係ないですよね。
 
それとメニューを下げないことで
お客様を放置するかどうかは
全く関係ないかと思います。
 
実際に小島はメニューを下げずに
しかもお客様のちょっとした行動で
言われる前にサービスを行っておりました。

なのでメニューをそのまま置いておくことで
ストレスなく知りたいことを知ることができる。
お客様によっては聞くこと自体ストレスを感じる方もいらっしゃいます。
このような考えのもと、
「メニューを下げるな」とお伝えさせていただきました。

あくまで業種業態によるので
すべてのお店には当てはまりませんが、
多くのお店に該当すると思います。

また色々な考えがあって当然なので
あなたが一番、腑に落ちる内容を
取り入れていただければと思います。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^

追伸

よろしければフォローお願いします。無料セミナーなど有益な情報をお届けします。

【毎週月曜日9:00〜9:30】飲食店のためのZOOM朝活(無料)

自分の目標と未来にフォーカスすることを習慣化しませんか?飲食店のスタッフ参加も歓迎!
『飲食店のためのZOOM朝活(無料)』毎週開催してます!
 
朝活の詳細は→ https://hanjoukai.com/service/con/asakatsu/

無料動画セミナー2本公開中

『3ヶ月で儲かる飲食店に変わる 繁盛店になるための飲食店3点改善法』

『町の飲食店が通販サイトをタダで作る方法』

10Xバーチャル本部 メール会員+[無料]ご登録でご閲覧できます。
https://hanjoukai.smartcore.jp/C12/register

★飲食店繁盛会の人気サービスを紹介します!

一番人気のサービス◎

1.飲食店のための『10Xバーチャル本部』

本部機能を切り分けて、飲食店が多店舗化、もしくは利益を最大化するために必要な本部機能をオンライン(一部リアル)で提供します。
本部機能の一部をアウトソーシングすることにより、どの飲食店でも少額で本部機能構築が可能になります。

詳細・問合せ → https://hanjoukai.smartcore.jp/C12/register

*今なら初月110円。

とりあえず専門家にお店に来てもらいたい方にご依頼頂いています

2.『初回出張店舗診断』

全国どこでもOK!飲食店繁盛会のコンサルタントが、あなたのお店に伺ってアドバイスします

詳細・問合せ → http://hanjoukai.com/service/con/ssts/

3.金融機関様、飲食店サプライヤー様、商工会議所様、飲食企業様へ

セミナー・企業研修のご依頼はこちら
詳細 → http://hanjoukai.com/service/koushi/

サービス内容について説明を聞きたいという方はお気軽に下記からご連絡ください

問い合わせフォーム→ http://hanjoukai.com/contact/
電話 → 03-5302-9841