こんにちは。コンサルタントの河上です。

「ハレクラニ沖縄」が先日、7月26日に開業し話題を集めています。

今日は、この話題に絡めて、当ホテルの「人材採用に対する姿勢」について着目してみたいと思います。飲食店にも応用することのできる「姿勢」です。

まずは、「ハレクラニ」の紹介からです。

ハレクラニは、創業100年を超える歴史を持つ、ハワイを代表するラグジュアリーホテルです。土地や建物は三井不動産株式会社の所有です。

そして、ハレクラニ沖縄は、三井不動産にとって自社ブランドでは初のラグジュアリーリゾートホテルであり、世界で2つめのハレクラニです。館内には、5つのレストランやバーを有します。

公式ホームページでは、「欲しい人材像」を明確に伝えています。

以下に、公式HPの採用ページのURLを添付します。

www.okinawa.halekulani.com/recruit/

ホテルとして目指すビジョンを掲げ、それを実現するために欲しい人材像として「いい人」というキーワードを挙げています。

そして、この「いい人」の定義を、ページ上で大変分かりやすく伝えています。動画での会社・ホテル紹介も含め、非常に良い採用ページだと感じました。

この採用ページからは、理想的な採用活動に向けて、ホテル開業に賭ける並々ならぬ想いがある様子が伺えます。

この欲しい人材像のことを、専門用語で「人材要件」といいます。募集をかける前に、まずこの「人材要件」が明確になっていることが大切です。

人材要件の整理は、以下の2つの視点から行います。

  • タイプ  ・・・ 志向、性格、価値観、態度、など
  • スペック ・・・ 年齢、学歴、経験、スキル、など

どんな人材が必要かをチーム内で話し合うと、様々な視点から意見を出し合えるので、欲しい人材像を浮き彫りにすることができます。

また、組織の中に採用したいモデルとなるような人物がいないか探してみましょう。このモデルをイメージしながら、欲しい人材像を思い浮かべると整理しやすいです。

人材要件が整理できたら、ハレクラニ沖縄のように、自社HPや求人媒体に明確に記載してください。応募段階で欲しい人材を募集できる可能性が高まります。

皆さんのお店の「欲しい人材像」はどのような人ですか?

それらは、メディアに明確に公開されていますか?

今一度、見直して頂ければと思います。

飲食店繁盛会 コンサルタント
河上 朗


追伸:
飲食店繁盛会のLINE公式アカウント(LINE@)をはじめました。LINE限定の情報も流していきます。現在、友だち追加するとここでしか見れないWebセミナー(20分)公開中。ぜひ友だち追加をお願いします。
友だち追加

全国出張コンサルティング

お問い合わせフォーム

お問い合わせはお電話でも承ります
03-5303-9841