こんにちは。コンサルタントの河上です。

先日、滋賀県近江八幡市にある「八幡堀」という観光エリアを訪れました。(以下、イメージ写真)

このエリアには、「三方よし」で有名な近江商人の旧家が建ち並びます。

私は、この日「近江商人の教え」に触れたことで、商売の基本を学び、立ち返ることができました。

今回は、近江商人とその教えについて、少し触れてみたいと思います。

近江商人とは、江戸〜明治時代に活躍した滋賀県の近江出身の商人のことで、大阪商人、伊勢商人と並ぶ日本の三大商人の一つです。

彼らは、ただの一介の商人から一代で巨万の富を築き、全国各地に進出し、豪商と呼ばれるまでに発展していきました。

近江商人の流れを汲む有名企業は多く、伊藤忠商事、西武鉄道、大丸、高島屋、丸紅、ワコールなどが挙げられます。(五十音順)

そんな近江商人が残した、商売に役立つ考え方は数多くありますが、今日はその中で一番有名な「三方よし」に焦点を当てたいと思います。

ご存知の方も多いと思われますが、これは「売り手よし、買い手よし、世間よし」の3つのよしの精神のことです。

「売り手と買い手が共に満足し、さらに社会貢献もできることが良い商売である」という考え方です。

自分たちの利益ばかりを考えるのではなく、お客様や社会のためになることを行って「信頼」を蓄積していく。こうして蓄積された「信頼」は、結果的に大きな利益につながるというものです。

この3つの「よし」の中でも「世間よし」は、現代のCSR(企業の社会的責任)の考え方の先駆けともいわれます。

飲食店経営においても、「世間よし」つまり「社会貢献」が大切です。すべての飲食店には社会的存在の意義があります。そして、社会的責任をいかに果たすかを常に考え、事業運営することが大切です。

皆さんのお店にとっての社会的な意義とは何でしょうか?

また、社会的な責任とは何でしょうか?

ちなみに、他にも「近江商人商売十訓」という、商売における大切な十ヶ条も残されています。
(ご興味がある方は、ネットで検索してみて下さい。とても勉強になります。)

私はこの十ヶ条の中で、「売る前のお世辞より売った後の奉仕、これこそ永遠の客をつくる」という教えが特に心に響きました。

飲食店経営で言えば、「既存のお客様こそ大切にしよう」ということですよね。

つまり、「新規客の集客はもちろん重要だが、既存客を大切にしリピート・シェアをしてもらえるよう、お店の価値を高めることはもっと大切である」といった解釈です。

「商売のあり方」について考えさせられた学び多き1日となりました。皆様にも「近江商人の教え」は、是非おすすめです。

 

飲食店繁盛会 コンサルタント
河上


追伸:
飲食店繁盛会のLINE公式アカウント(LINE@)をはじめました。LINE限定の情報も流していきます。現在、友だち追加するとここでしか見れないWebセミナー(20分)公開中。ぜひ友だち追加をお願いします。
友だち追加

全国出張コンサルティング

お問い合わせフォーム

お問い合わせはお電話でも承ります
03-5303-9841