今回はWEB系の話。ネットでビジネスをする場合、少なからず効果計測をしなければなりません。その効果測定の指標となるもので、基本的なものを説明していきます。

 →コンバージョン(CV)

まずは、コンバージョン。コンバージョンとは
目標(ゴール)です。目標を達成した数を
コンバージョン数と言います。

例えば、Webサイトの目標が問合せであれば、
Webサイトからの問合せの数がコンバージョン数
となります。

通販サイトのように販売が目的であれば、
注文がコンバージョン。
注文数がコンバージョン数となります。

 →コンバージョン単価(CPA)

コンバージョン単価とは、コンバージョンを
1つ獲得するためにかかった費用です。

例えば、広告費を1万円かけて、問合せが
2件来た場合、CPAは5,000円となります。

 →コンバージョン率(CVR)

コンバージョン率とは、Webサイトに流入
した数に対するコンバージョンした割合。

例えば、キーワード広告を出して、
100回クリックされて、ホームページに
来てもらい、3つ販売できたのであれば、
CVRは3%となります。

 →クリック率(CTR)

クリック率とは、表示された広告の回数に
対してクリックされた割合。

キーワード広告を出向して、1000回表示されて
50回クリックされた場合、CTRは5%となります。

 →シーピーエム(CPM)

CPMとは、広告が1000回表示されたあたりの料金。
たとえば、キーワード広告を出稿して、
1000回表示されるのに、広告費が500円であれば、
CPMは500円となります。

 →ロアス(ROAS)

ROASとは、広告経由の売上÷広告費。つまり、
広告費の何倍の売上を上げられたかをみる
効果測定法です。

例えば、1000円の広告費をかけて5000円の
売上があれば、ROASが5倍というような
言い方をします。

ただし、適正倍数は、商品によって異なるので
どちらかというと、前回の広告に対して、
今回は、どのくらい効果的であったかという
判断材料になります。

 →ライフタイムバリュー(LTV)

顧客生涯価値友いわれ、お客様が長期的に
支払ってくれる売上を言います。

LTV=1回あたりの平均購入額
✕年間平均購入回数✕平均継続年数

通販、ECサイトでは重要な指標で、長い目でみて
その広告が効果があるかを判断する指標となります。

いかがでしょう。

今回紹介したものは、基本的な指標です。
ぜひ慣れておいてください。

 

株式会社飲食店繁盛会
代表取締役 笠岡はじめ

 



飲食店繁盛会の主催セミナーをします。セミナー参加受付中です!

セミナー詳細 → https://hanjoukai.com/infomation/seminer20181113/

 

お問合わせは、販促まるごとサポート(詳細ページ)お問合わせフォーム または、電話 03-5303-9841からお気軽に。

▼直近のセミナーのご案内

  • 10/20(浜町)
    特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
    「訪問者を増やすための効果的な広告活用法」(笠岡)
  • 「メニューブックセミナー」【無料】
      *飲食店繁盛会コンサルタント日向
     
    10/19(埼玉スーパーアリーナ)
  • 10/18(埼玉スーパーアリーナ)
    「飲食店のための人手不足対策セミナー」【無料】(笠岡)  
    10/19(埼玉スーパーアリーナ)
  • 10/12〜13(宮崎県) *一般開放無し
    「他業界からの飲食業進出セミナー」(笠岡)