笠岡が個人でプロジェクト参加している、特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会の【中小企業WEB活用支援プロジェクト】(略してWeb活)。

ここのメールマガジンを担当しているのですが、今回の内容は、自分的にメモとしてここに掲載。

テーマは、「スニペットの表示文字数増加にどう対応すればいいか」です。

スペニットとは、Googleの検索結果一覧にでてくるWebサイトの説明文のことです。このGoogleの仕様が変わったんですよね。その件についてです。

ではどうぞ。

┌┬────────────────── 2018年2月14日
├┼┐WEB活公式メールマガジン
│└┼┐
│ └┼┐  WEB活用の教科書
│  └┼┐
└───┴┴─────────────── https://webkatu.jp/

笠岡さん

WEB活事務局の笠岡(カサオカ)です。

カレー屋さんのココ壱って知ってます(よね)?

そこで、今、グランドマザーカレーを食べると特製スプーンが当るキャンペーンをしています。

毎年、本当に気合を入れてカレーを食べて、かれこれ、10年くらい連続で毎年スプーンをゲットしています。

かなり真剣です。

その中で2回くらい、全く当たらずにたまたま当たった友達がいらないからくれたということもあります。

で、

そのスプーンのキャンペーン、2月28日までなのですが、まだ当たっていません…

やばいです。

グランドマザーカレーかれこれ10杯近く食べています。

すでに飽きています。

誰かスプーン当ててください…

そして、ください。。。

って、ここに書いても仕方ないですね。


ということで、今週の質問は、

「スニペットの表示文字数増加にどう対応すればいいか」

というテーマで五島先生がお送りします。

┏━┓
┃1┃今週の質問
┗━╋…───────────────────────

【Q】
最近、Googleが、スニペット(検索結果に表示される説明文)として表示される文字数を増やしたそうですが、検索の順位を維持する、または、上げるためには、何らかの対応を行った方がいいのでしょうか。アドバイスをお願いします。

─────────────────────────

あなたなら、この質問にどうお答えになりますか?

★私の答えは、「お知らせ」の後にあります(^^)V

┏━┓
┃2┃お知らせ
┗━╋…───────────────────────

今年も東京商工会議所主催の研修に
Web活コンサルタントが講師をすることに
なりましたよ!

昨年人気ですぐに満席になった
研修です。

本家東商サイトでも告知して
いませんので、まだ申し込めませんが、

興味がある方は日程を
おさえておいてくださいね。

今回も実務的に役立つ内容7連発です!

01.6/7
WordPressによるビジネスサイト構築
〔導入&初期設定編〕

02.6/22
WordPressによるビジネスサイト構築
〔サイト作成&運用編〕

03.7/12
SNS(4大SNS)ビジネス活用の実務

04.7/31
GoogleAdwards広告による集客実務
【初期設定&広告出稿編】

05.8/9
Googleアナリティクスによる解析実務
【初期設定&基本解析編】

06.8/29
Googleアナリティクスによる解析実務
【応用設定&解析・改善編】

07.9/12
SEOによるサイト訪問者獲得の実務

東商サイトでの申込みがはじまりましたら、
また連絡しますね。

┏━┓
┃3┃今週の回答
┗━╋…───────────────────────

【Q】
最近、Googleが、スニペット(検索結果に表示され
る説明文)として表示される文字数を増やしたそう
ですが、検索の順位を維持する、または、上げるた
めには、何らかの対応を行った方がいいのでしょう
か。アドバイスをお願いします。

─────────────────────

【A】
最近、Googleが、より詳しく役に立つ検索結果を提供するために、スニペットの表示文字数を増やすという変更を加えました。

スニペットとして表示される内容は、<meta name=”description” content=”〇〇〇”>タグの”〇〇〇”部分の記述が採用されることが多いことはご存知だと思います。

そうなると、この記述を増やした方がいいのでは、さらには、増やさないといけないのでは、と考えても不思議はありません。

実際、どうすべきなのでしょう。従来、私は、100文字程度を推奨していましたが、今後は何文字ぐらいが妥当なのなのでしょうか。

─────────────────────

→その答えを考えるために、まず、スニペットの文字数が増えることの影響を整理してみましょう。

真っ先に考えられることが、1画面に表示される検索結果の件数が減少するということです。PCかスマホかにかかわらず、画面の大きさは変わらないのに、スニペットが増えるのですから当然です。

今まで、1ページ目に表示されていたのに、検索順位は変わっていなくても、2ページ目になってしまう、ということが起こりえます。

次に、スニペットとしての記述を増やし、従来より詳しい説明を表示するようにすると、検索ユーザのニーズがその時点で満たされ、クリック率が低下してしまう、という可能性です。

→1点目について。1ページあたりの表示件数が減ったからと言って、今まで1ページ目しか見ていなかった検索ユーザが、2ページ目を見るようになるかといえば、残念ながら、今まで通り1ページ目しか見ないユーザが大半でしょう。

従って、今後は、「何位か」というより、「何ページ目か」という評価基準が重要になり、従来に比べ、より上位の検索順位を目指すことが必要になりそうです。

とはいえ、現状、スニペットの記述は、検索順位にはあまり影響しません。記述を増やせば検索順位が上がるわけではありません。検索順位には、全うなSEO対策の強化で対処して下さい。

→2点目については、スニペットだけで検索ユーザのニーズを満たせれば、あなた(のサイト)の信頼性や評価は高まるでしょう。しかし、その反面、クリックしてサイトを訪れユーザは減るかもしれません。クリックしたくなるようなコンテンツ創りが、ますます大切になるということでしょう。

→さて、これらの点を踏まえ、タグの記述はどうすべきでしょうか。

まずは、新しいページについては、100文字に縛られず、200文字位記述してもいいでしょう。

ただし、読み手の忍耐力にも配慮して、大切なことはなるべく前半に集めた方が無難です。

一方、既にあるページについては、検索ユーザにとって、より分かりやすくなったり、より多くのことが知れたりなど、記述を増やすことが望ましい場合は、順次、記述を増やしていきましょう。

そうでない場合は、無理に増やす必要はないでしょう。

→ただし、今回の件の影響や対策には、まだまだ不透明な部分もあります。今後の推移にも、十分に目を配りましょう。

→以上、スニペットの表示文字数の増加にどう対応すべきかについて、お伝えしました。皆様のサイト改善のヒントとして活用して頂ければ幸いです。

■今回の授業の先生のプロフィール
──────────────────────
WEB活認定コンサルタント
五島 一輝(ごしま かずてる)

▼プロフィール・経歴
文系のICTエンジニアとして社会人をスタート。
以来、30年以上にわたり、100を超えるシステ
ムの企画、設計、構築、調達を行い、企業で使
われる殆どのシステムに精通。

その間、中堅・中小企業に対し、常に、「経営
に貢献する」ことにこだわったICTの企画・設
計を提供し続けることで、多くの企業の経営改
革に貢献してきた実績を持つ。

「各企業の問題の改善にとどまらず、特徴や長
所を活かした最適なICT」を提供して、多くの
企業の経営革新を支援。

「ICTの総合診療医」として、企業の個性にあ
ったICT活用の処方箋創りでのアドバイス実績
も多数。また、「顧客のため、社員のため」の
セキュリティ強化や個人情報保護の支援も行っ
ている。

※詳しいWEB活コンサルタントのプロフィールは
こちらをご覧ください
>>> webkatu.jp/r/c/CnY6/DsLU/cFeiP/

※詳しいWEB活コンサルタントのプロフィールは
こちらをご覧ください
>>> webkatu.jp/r/c/CnY6/DsLU/cFeiP/

┏━┓
┃4┃今月のWeb活用コラム
┗━╋…───────────────────────

Web活のホームページのコラムからピックアップ!
───────────────────────────

【WEB世界で勝ち抜くために、
どこで戦うか!「市場の選択」とは】

ビジネスでWEBを活用する上で、
どういう戦略をたてれば良いのでしょう?

ネット戦略という言葉は、
今となっては聞き慣れた言葉に
なっていますが、あなたの会社の
ネット戦略はどんなものでしょうか。

今回は、「あなたの会社のネット戦略」を
確かな物にするための第一歩ともいえる
「戦う場所(市場)の選択」をどのように
考えるかについてお伝えします。

まず、リアルにせよWEBにせよ、
ビジネス化の第1ステップは
「ビジネスモデル(儲かる仕組み)」を
考えることから始まります。

ビジネスモデルを考える際に
明確にしておく必要があるのは
大きく以下の5つでしょう。…

▼続き→
webkatu.jp/r/c/CnYo/DsLU/cFeiP/

┏━┓
┃5┃編集後記
┗━╋…───────────────────────

笠岡の会社、本格的にマーケティングオートメーション
入れました。

昨年6月頃から検討し始めて、ずっとMauticの
サーバー版で仮運用して、Mauticで行こうと
ほぼ決めていたのですが、

サーバー版はアップデートすると30%くらいの
確率で何か不具合がでて、断念。

なら、有料のクラウド版を使おうと、
しばらくMauticを自分で仮運用していたのですが、
いざ、お金を払おうとすると、英語で

「サポートセンターに連絡してくれ」

となっていて、連絡したら、英語で、

「どんな用途に使うのか?
目的は?・・・」

と面倒くさいメールが来て、
お金の払い方がわからない。

ということで、Mauticは、断念。

他を検討したのですが、SATORIに決定しました。
昨年、社長を紹介いただいたという縁も
あったので。

しかし、Mautic、もったいない。
安くて悪くないのに…

▼月5,000円でWeb活認定コンサルタントが
あなたの会社のホームページのアドバイザーに!

WEB活Puls会員とは?→ webkatu.jp/r/c/CnY9/DsLU/cFeiP/

────────────────────────────
発行元:【WEB活】中小企業WEB活用支援プロジェクト
特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会
────────────────────────────
住所:〒113-0021 東京都文京区本駒込2-28-8
文京グリーンコートセンターオフィス9F
TEL:03-6912-1081 FAX:03-5981-7371

WEB活 ホームページ
webkatu.jp/r/c/CnY5/DsLU/cFeiP/
WEB活 facebookページ 「いいね!」お願いします。
webkatu.jp/r/c/CnYK/DsLU/cFeiP/
ITコーディネータ協会 ホームページ
webkatu.jp/r/c/CnYB/DsLU/cFeiP/
────────────────────────────
Copyright (C) 2018
※このメルマガに掲載された記事の内容を許可なく転載
することを固く禁じます。事前にお問い合わせ下さい。
────────────────────────────
メルマガ「WEB活用の教科書」バックナンバー
webkatu.jp/r/c/CnYM/DsLU/cFeiP/
────────────────────────────
メルマガ「WEB活用の教科書」購読解除
webkatu.jp/r/c/CnYV/DsLU/cFeiP/
────────────────────────────



飲食店繁盛会の主催セミナーをします。セミナー参加受付中です!

セミナー詳細 → https://hanjoukai.com/infomation/seminer20181113/

 

お問合わせは、販促まるごとサポート(詳細ページ)お問合わせフォーム または、電話 03-5303-9841からお気軽に。