マスコミに取材をされることは、飲食店にとって嬉しいことだと思います。では、飲食店が、マスコミに取材を受けた場合の注意点とは何でしょうか?

まず、マスコミから取材の依頼が来た時は、「どんな媒体に載るのか」、「どんな目的で取材をするのか」など、お店にとって本当によい取材なのかを判断するために、取材の意図を最初に確認してください。

そして、実際に取材を受けることになったら、取材されている風景の写真を撮っておきましょう。FacebookやTwitterで、取材されていることを告知するためです。

もちろん、投稿してよいかどうか、その場で確認してください。何らかの制限がつくことがあるかもしれませんが、最近では、多くの場合SNSの告知が大丈夫なことが多いです。(これを忘れるお店、結構多いです。告知回数が1回減るのでもったいないです。)

最後に、その取材がテレビや雑誌で取り上げられたら、その取材された内容をホームページに掲載し、FacebookやTwitterで告知しましょう。さらに、店内でも、その内容を印刷するなどして、お客様に伝えてください。どのくらい派手に伝えるかは、お店の考え方とかお店のコンセプトによります。

私は、昔から、マスコミに取材をされたら、取材されたことを伝えることの方が売上につながると常に言ってきました。実は、マスコミに取材されても、掲載されるメディアによって、すぐにお客様が押し寄せて売上に直結するときと、まったく効果がないときがあることを知っているからです。

先日も全国放送で19時すぎに15分くらい取り上げられたお店があったのですが、来店には全くつながりませんでした。しかし、同じ店が、数年前に有名なお散歩系の番組で5分くらい取り上げられたときは、1週間以上、テレビを見たお客様が押し寄せました。

雑誌も同様で、こればかりは、飲食店でなんとかできることではありません。

しかし、マスコミに取材されたことをお客様に告知することは、お店ができることです。そして、お客様の来店動機と口コミににつながり、売上となります。

また、マスコミに取材されたことをホームページに掲載することが重要な理由は他にもあります。それは、マスコミの人が取材先を探すときに、最初に必ず確認するのが店のホームページだからです。そのときに、どんなマスコミに取材されたかという情報自体が、マスコミの取材先決定の決め手のひとつになります。

なぜなら、テレビや新聞など大きなマスコミは、取材先の信頼性を気にするところが多いからです。特に全国放送は、「あ、NHKで取り上げられたなら安心なはず!」等と判断材料にするとのことです。

ちなみに、テレビの場合は、動画があるとテレビウケする人かどうかも判断できるから嬉しいと言っていました。

もちろん、ホームページで紹介する時もそのマスコミに掲載許可をもらってください。最近は、許可してくれるメディアが多いです。

最近、多くの飲食店をサポートし、同時に多くの飲食店のホームページ制作を依頼されてわかったことは、ホームページがあることにより、マスコミに取材された効果が数倍に跳ね上がるという事実です。

なぜなら、テレビや雑誌で紹介された時に、ホームページのアクセス数が10倍以上に増えることがよくあるからです。やっぱり、マスコミに紹介されたら、興味がある人は、ホームページを検索して調べるんですよね。

その場合、最近では、スマートフォンに対応したホームページであることも重要度を増しています。その場で検索するとしたら、スマフォから検索することが多いので。

(飲食店繁盛会 代表取締役 笠岡はじめ)

 



飲食店繁盛会の主催セミナーをします。セミナー参加受付中です!

セミナー詳細 → https://hanjoukai.com/infomation/seminer20181113/

 

お問合わせは、販促まるごとサポート(詳細ページ)お問合わせフォーム または、電話 03-5303-9841からお気軽に。

▼直近のセミナーのご案内

  • 10/20(浜町)
    特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
    「訪問者を増やすための効果的な広告活用法」(笠岡)
  • 「メニューブックセミナー」【無料】
      *飲食店繁盛会コンサルタント日向
     
    10/19(埼玉スーパーアリーナ)
  • 10/18(埼玉スーパーアリーナ)
    「飲食店のための人手不足対策セミナー」【無料】(笠岡)  
    10/19(埼玉スーパーアリーナ)
  • 10/12〜13(宮崎県) *一般開放無し
    「他業界からの飲食業進出セミナー」(笠岡)