紀尾井なだ万。そこでランチ。仕事で会食です。

ホテルニューオータニのきれいな庭が一望できます。

今回、コースをいただきました。味はもちろん、目も楽しめました。

料理の解説はできませんので、写真で料理の参考に。そして、目の保養に。

最初に、こちら。いい器。

あけると…『ふぐの白子のスープ蒸し』。季節の茶碗蒸し(みたいな感じ)で、今の季節はふぐのしらこが主役です。もちろん、出汁もふぐ。全部おいしいに決まっているので、味の感想は無しで紹介します。ホント役得です!

この茶碗蒸しを食べている間に、どーんとお盆が運ばれました。

盛り付けも高低を意識。色も赤・青・黄色・白・黒、そして、皿も四角と丸(曲線)と、日本の伝統を守りつつの独創性を出しています。(たぶんw)

では、この膳を、一つ一つアップ。

まずは、焼きゴマ豆腐、ウニのせ。(あ、一応、名前は、軽くメモったので、なんとなく商品名は近い感じで、メモりきれなかったので、案外正しくない感じです。)

松葉カニのむき身。なんとかなんとか。

ふぐのあぶり。奥の方は、ふぐの皮。湯引き。ちなみに、このお皿は重ねられないので、収納が大変だとか(笑)いや、全体的に重ねられないですね。

なんとか牛の香味焼き。

ふきのとうの天ぷらと金目鯛(焼)。

お造り。シマアジとマグロ。

そして、天ぷら盛り合わせ。白魚の天ぷらが面白い。ひと工夫。

そして、ご飯物、香の物、味噌汁も。

お味噌汁。オーソドックス。これが、おいしい。

そして、最後にデザート。グラマラッカ。昔、海外なだ万の料理人の方が、マレーシアのスイーツをなだ万風に和アレンジ。今や定番のデザートになったとか。タピオカココナツミルクにアイスと餡が入っている感じです。

ということで、一番お皿が多い時の画像。

なだ万は、創業188年。歴史ありますね〜。そして、このあと、なだ万の本店を見学させていただいたのでした。それは、もう一度、ブログで軽く書きます。

幸せだったー。

株式会社飲食店繁盛会
代表取締役 笠岡はじめ

 



飲食店繁盛会の主催セミナーをします。セミナー参加受付中です!

セミナー詳細 → https://hanjoukai.com/infomation/seminer20181113/

 

お問合わせは、販促まるごとサポート(詳細ページ)お問合わせフォーム または、電話 03-5303-9841からお気軽に。