昨日は、浦和駅から徒歩2分の沖縄料理のお店、命水(ヌチグスイ)へ。ヌチグスイとは、聞きなれない言葉ですが、沖縄の言葉で、人の優しさ等、心の中が暖かくなって癒されるような出来事を指したり、薬になるくらい美味しいという意味であったりします。命の水とはよく言ったものです。

命水は、浦和にもう一つある沖縄料理、結結(ゆいゆい)の姉妹店。結結も浦和駅から2〜3分です。

ちなみに、この結結の入り口のちらし置き場、よくないですか?これだけのおかげではありませんが、以前に比べて宴会がだいぶ増えたとか。

話はもどって、命水。お店の中はこんな温かい感じ。

で、いろいろ食べましたが、うまい!
浦和にいったらぜひ、立ち寄ってください。カウンターがあるので、ひとりでも楽しめますよ。

その美味しかった料理の数々。

まずは、ドリンク。一番人気。シークワーサーサワー。

命水には、男の子用のシークワーサーサワーと女の子用のシークワーサーサワーと2種類あります。沖縄料理らしく、泡盛をベースにしているのですが、男の子用は、ちょっと強い泡盛。女の子用はアルコール度数の低い泡盛をい使っています。こういうちょっとした遊びって面白いですよね。

最初に頼んだのは、自家製ジーマミー豆腐。落花生を店で潰すところから手作りです。ほんのり甘くて、わさびがとても合います。

そして、もずくの天ぷら。殆どの人が頼む定番だそうです。外はカリッとしていて、中はモチモチ。なんとなくたこ焼きのようにもちっとした、かき揚げみたいな感じ。これも命水の定番。みんな注文する一品。

スーチカー炙り焼き。三日三晩、塩に漬け込んだ豚肉を炙り焼きにした料理。お酒のつまみにもってこい!

そして、命水、一番人気の本物のゴーヤチャンプル。

ゴーヤチャンプルと言えば、スパムを思い出すかもしれませんが、スパムは、米軍が沖縄に駐留してからの食べ物。その前は、豚のバラ肉が一般的だったそうで、ここでは、沖縄で食堂をしていたオーナーのお母様のレシピで作っているとか。

で、来ました!ラフテー。お箸で、ホロホロ、ほぐれます。うまかったなー。

で、最後に〆。やはり沖縄そば。沖縄そばは〆用にスモールもあります。これはソーキそばのスモール。

見てください!ほら、これもトロトロ。箸で持って写真を撮った瞬間にちぎれてしまうくらい柔らかい。

沖縄そばの前で、結構、お腹いっぱいだったのですが、スモールだったので、スルッと食べられました。

満足、満腹。

浦和に行ったら、ぜひ、命水(ヌチグスイ)もしくは、姉妹店の結結(ゆいゆい)へ寄ってみてください。オススメですよー。

★琉球酒房 命水(ヌチグスイ)
urawayuiyui.com/nuchigusui/

★沖縄酒場料理 結結(ゆいゆい)
urawayuiyui.com/yuiyui/

 

株式会社飲食店繁盛会
代表取締役 笠岡はじめ

 



飲食店繁盛会のLINE公式アカウント(LINE@)をはじめました。LINE限定の情報も流していきます。現在、友だち追加するとここでしか見れないWebセミナー(20分)公開中。ぜひ友だち追加をお願いします。
友だち追加

全国出張コンサルティング

お問い合わせフォーム

お問い合わせはお電話でも承ります
03-5303-9841