今回は、「割引しないで売上を上げるには?」について書かれた、飲食店繁盛会の代表 笠岡の記事をご紹介します。

日経レストランの2月号に「価格に勝つには5つは対策」という言葉がありました。

やはり「安い」というのは、お客様にとって魅力的です。だから、多くの飲食店でこの「安さ」で集客しようとします。

先日会った方も「値引きの集客は間違っている」とはっきり言いながら、現実は、クーポンをはじめとする割引に頼った集客をしていました。「わかっているんだけど、割引以外の集客がなかなかできない」というのが、本音というところでしょうか?

お店にとって、「安さ」の集客は、破たんが見えています。何しろ、誰にでも出来ますし、体力があるところが強いですから。

飲食店繁盛会のコンサル先には、基本的に割引による集客は、しないようにしています。もちろん、お店によっては、販促に割引を入れることがありますが、必ず、何か理由がある割引です。例えば、1周年記念とか、円高還元とか。

さて、割引しないで売上を上げるにはどうするか?

日経レストランのこの言葉を読んだ時、私たちの頑張っているクライアントを思い浮かべてみました。

「価格に勝つためには、5つは対策」

はい。実は、それ以上にやっています。
・メニューブックのリニューアル
・ショップ案内リーフレットの作成,リニューアル
・ホームページの作成,必要時の更新
・ブログ,Twitter
・ポイントカードと顧客管理
・2~3ヶ月に一度のフェアー
・プレスリリース
・マスコミに掲載されたら、それに連動したイベント
・ファサードの改善
・タペストリでの告知
・新メニューの開発
・差し込みメニュー作成
・テーブルポップ
・店内ポスター
・スタッフ,アルバイトとのコミュニケーション強化
・商工会議所などに入って営業する
・ポスティング
・折り込み
…等など

5つ以上の対策をしているのはもちろんですが、売上をあげているお店に共通しているのは、「継続」して対策していることです。

今の時代は、下りのエレベーターに乗っているのと同じ状態です。だから、とまったら落ちてしまう…ずっと前に進み続けなければならないということですね。

「価格に勝つには5つ以上の対策。そして、対策し続けること」

これは売上を作るために、とても大切なことだと思います。

飲食店繁盛会 代表取締役 笠岡はじめ

2011年3月1日 繁盛会ワンミニより

いかがでしたでしょうか?

大手企業と同じ土俵に上がらずに、同じ商圏で勝つ為には、「お金」(経費や割引)だけではなく「頭」(知恵やアイデア)を使った対策が必要です。

皆さんのお店の場合、売上予算を達成させるために、対策の数は足りていますでしょうか?

今一度、見直してみてください。(河上)


追伸:
飲食店繁盛会のLINE公式アカウント(LINE@)をはじめました。LINE限定の情報も流していきます。現在、友だち追加するとここでしか見れないWebセミナー(20分)公開中。ぜひ友だち追加をお願いします。
友だち追加

全国出張コンサルティング

お問い合わせフォーム

お問い合わせはお電話でも承ります
03-5303-9841