今回は、「価値を伝えることの大切さ」について書かれた、飲食店繁盛会の代表 笠岡の記事をご紹介します。

今は、どの飲食店でも「価値勝負」をしなければなりません。「価格勝負」では、大手に勝てないからです。

しかも、「価格勝負」のお店も価値を打ち出す努力をしているのが現状です。

それがわかっていても、なかなか価値を伝えられていない飲食店が多いです。

自分のお店の価値が何なのか?

コンサルティングをしているときにある質問をすると、9割以上のお店がいろいろでてきます。

1割弱がひねり出さないとでてこないお店です。でも、何かでてきます。

要は、ちゃんと質問するとでてくるのです。

その質問とは、「素材でこだわっていることは何か?」「製法でこだわっていることは何か?」です。

先日訪問したお店も、価値が全く伝えられていませんでした。

でも、数年前までは、ちゃんと価値を伝えていたんです。

なぜ知っているかと言うと、メニューブックを飲食店繁盛会で作っていたからです。

でも、人手不足対策で数年前にメニューブックをタッチパネルオンリーにしました。

また、こだわりや価値をきちんとアピールしていたショップリーフレットも、印刷切れか、内容が変わって印刷していないのか、いつの間にか使わなくなりました。

そんなことが重なって、お店の中に入っても、まったく価値情報がわからないお店になっていました。

「そう言えば、以前はちょこちょこあった食べログの口コミが無くなった」

と店主が言っていました。

飲食店が継続的に繁盛するためには、新規のお客様が一定割合でリピートしてもらわなければなりません。

新規のお客様は、お店の価値がわかっていません。もし、Webなどで調べてわかっていたとしても、実際体験(食べる・飲む)をするときに、再度価値を伝えなければ、記憶に残りにくくなります。

そして、食べログなどで口コミをしてくれる人も、新規客の割合が多いです。

いろんな理由で、価値をいつの間にか、もしくは、最初から伝えていないお店を散見しますが、『価値は伝え続ける努力をしなければいけない』のです。

一度、価値を伝える努力をしているか、確認してみてはどうでしょう?

株式会社飲食店繁盛会
代表取締役 笠岡はじめ

2018年9月6日 繁盛会Newsより

皆さんのお店の「価値」は何でしょうか?

どのように見込客や新規客、リピート客に価値情報を発信していますか?

それらは、きちんと彼らに伝わっていますか?

今一度、あなたのお店の「価値」を整理してみてください。(河上)



飲食店繁盛会のLINE公式アカウント(LINE@)をはじめました。LINE限定の情報も流していきます。現在、友だち追加するとここでしか見れないWebセミナー(20分)公開中。ぜひ友だち追加をお願いします。
友だち追加

全国出張コンサルティング

お問い合わせフォーム

お問い合わせはお電話でも承ります
03-5303-9841