こんにちは。コンサルタントの河上です。

本日は、「イスラム教を信仰する人々」への対応について少しお伝えします。

2018年は、3,119 万 2 千人を記録した外国人観光客数ですが、100万人を超える「イスラム教を信仰する人々」が含まれるそうです。

「イスラム教を信仰する人々」は「ムスリム」と呼ばれ、ムスリムの多い中東や東南アジアからの訪日旅行者は年々増加しています。

ムスリムは、イスラム法の規範に従い生活することが求められ、特に「食」について厳しい戒律があります。そして、イスラム法において「許されるものあるいは行動」を「ハラール」と呼びます。

ここ数年、ムスリムの訪日旅行者増加と比例して、ハラールに対応した食材やメニュー、製品へのニーズが注目されています。また、これらを提供する外食業やホテル等のサービス業も増えつつあります。

ご存知の通り、ムスリムは「豚」と「アルコール」を摂取することを禁じられています。

厳密には、以下のように詳細に渡るまで禁じられています。

  • 豚エキスが使われた調味料(ラード、ゼラチン)
  • 製造過程で豚由来のものに触れたもの
  • 豚肉を調理したフライパンやまな板などで調理したもの
  • 精製過程でアルコールを含んだ醤油・味噌・みりん
  • アルコールを入れたことのあるグラス
  • アルコールで消毒されたまな板
  • イスラム法に沿った屠畜(とちく)方法ではない鶏肉、牛肉、羊肉、等

しかし、宗教に対する解釈は様々で、「どこまで追求するか」「どこまで気にするか」は個人によります。

以下、ムスリムの方々の声の一例を挙げさせて頂きます。

  • 豚とアルコールが入っていないのであれば、何でも食べられる。多少のことは気にしない。
  • 豚肉は気にするけど、アルコールは揮発していればOK。
  • 味噌や醤油、みりんは問題なく食べられる。
  • 豚エキスは、調べようがないから気にはしない。
  • 食べるか食べないかは自分で判断するので、どんな食材を使っているかを英語で知りたい。
  • 豚や豚由来のエキスは絶対にNG。ハラール認証のない食材であれば、メーカーに確認してほしい。
  • ハラール認証のない食べ物は絶対に口に入れたくない、等。

このように、ムスリムの「食」に対する価値観は個人によってバラバラです。

個人差はありますが、「豚肉とアルコールそのものさえ使っていなければOK」とする訪日ムスリムが多いのも事実のようです。

飲食店側が準備する対策として、以下のような一例が挙げれられます。

  • レシピを書き起こしておく。
    メニューの内容に関する質問にすぐに答えられるように、レシピを書き起こし、共有しておきます。質問されても分からないことは、曖昧に答えないことが大切です。少しでも疑念が残る対応はすべきではありません。
     
  • ハラール認証付きの食材を仕入れ、ストックしておく。
    ムスリムの方が来られたら、既存メニューの肉や調味料をハラール認証付きの食材に差し替えて調理して提供すると大変喜ばれます。ハラール認証付きの食材は、市場で多く流通しており、入手しやすい状況になってきています。 
  • できることとできないことの線引きをしっかりしておく。
    ムスリムの方々のニーズにどこまで対応するか、店舗としてのスタンスを共有しておきましょう。厳密に全てに対応するのであれば、食器、調理器具、包丁、まな板、洗うスポンジに至るまでアルコール消毒をしていないものを準備する必要があることも事実です。ただし、イレギュラーな対応にも、できる限り、歩み寄る「心構え」をしておくことは大切です。

このように、訪日ムスリムが年々増加する背景の中で、彼らの価値観を知り、受け身にならずにこちらから歩み寄る気持ちが大切です。

飲食店側、訪日ムスリムをはじめとする外国人側、双方にとってwin-winになることを望みます。

飲食店側が、彼らのニーズに応じた準備と対応をすることで、スムーズなオペレーションの元で顧客満足を提供でき、皆様のお店にとって、良いビジネスに繋がれば幸いです。

訪日ムスリムの方々にとっても、日本の食文化の素晴らしさを体験して頂き、良き旅行にして頂ければと思います。

飲食店繁盛会 コンサルタント
河上 朗



飲食店繁盛会のLINE公式アカウント(LINE@)をはじめました。LINE限定の情報も流していきます。現在、友だち追加するとここでしか見れないWebセミナー(20分)公開中。ぜひ友だち追加をお願いします。
友だち追加

全国出張コンサルティング

お問い合わせフォーム

お問い合わせはお電話でも承ります
03-5303-9841