こんにちは。コンサルタントの河上です。

今回のタイトルにある「月次決算」とは、毎月実施する決算のことです。

1ヶ月の営業が終わり、当月の売上や経費を把握し、利益がいくら出たのかを把握することです。

貴店は、翌月の何日目に、前月の決算状況を把握できていますか?

税理士や経理部に任せきりになっていませんか?

様々な事情で、支払い請求額が固まらない経費もあるとは思います。

それでも、とにかく1日でも早い決算状況の把握が必要なのです。

ではなぜ、「月次決算」を早く行う必要があるのか。どんなメリットがあるのか。

それは、早く把握すればするほど、早く「異常値」を発見できるからです。

「え!? 先月の売上が良かったのは知っていたけど、利益率はたったのこれだけ?」

「あれ!? 原価の売上高比率(原価率)、いつもより高いな?」

「あれ!? 水道代の売上高比率、いつもより高いな?」といった具合です。

このように「異常値」をいち早く発見できれば、早く「なぜだろう?」という思考に入ることができ、原因を分析できます。

原因が早く分かれば、改善施策に対して早く行動に移すことができ、早く改善できたり、早く成果を得ることができます。

このように、月次決算の早期化により経営状況を早く把握でき、スピーディな経営判断や軌道修正を行うことができます。

前述の通り、全ての経費実績が同時に出揃わない場合もありますが、先に把握できた経費から、差異分析を行ってください。各経費項目の売上高に対する割合(%)を計算し、昨年や先月までの傾向と比較し、大きな差異がある場合は、その原因を探し当て、早急に改善対策を行ってください。

これらの理由から、月次決算はできる限り早期化することが必要なのです。

他にも、月次決算の早期化には、金融機関や関連会社に対する信用が高まったり、当月の会議やミーティングにおける活用度が高まったりするというメリットもあります。

このような、飲食店運営に関する数値管理を学ぶには、以下のプログラムがおすすめです。

宜しければ、以下のURLからご検討ください。皆様のお力になれれば幸いです。

「経営力アップワークショップ」
hanjoukai.com/keieiryokuworkshop/

飲食店繁盛会コンサルタント
河上 朗


追伸: メニューノウハウと増税対策のセミナー参加受付中!
飲食店繁盛会のLINE公式アカウント(LINE@)をはじめました。LINE限定の情報も流していきます。現在、友だち追加するとここでしか見れないWebセミナー(20分)公開中。ぜひ友だち追加をお願いします。
友だち追加

全国出張コンサルティング

お問い合わせフォーム

お問い合わせはお電話でも承ります
03-5303-9841