外食に対して「おなかを満たす」以外に期待すること

これからの飲食店はますますの非日常化が必要?~食費からレジャーへ、外食の魅力の再定義!?~

リクルートライフスタイルの調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」の調査結果から、「食費からレジャーへ」といった外食の魅力の再定義を今まで以上に考えて「レジャー性・非日常性」を楽しめる店作り・メニュー開発がより必要となりそうだ。

  • 飲食店に対して「おなかを満たす」以外で期待していることを複数回答でアンケートした上位項目
    1位「料理する手間を省く」(58.3%
    2位「非日常感やレジャー性を楽しむ」(49.2%
    3位「食事相手やお店のスタッフなどとのコミュニケーションや会話」(48.4%
    4位「同行者の満足感」(46.2%時短・非日常・人とのつながりを求めていることがわかる。

 

  • レジャー性を感じる食事の内容を聞いたアンケートの上位項目
    1位「料理が豪華であること」(60.5%
    2位「旬の素材を使っていること」(46.7%
    3位「食べ放題や飲み放題」(33.7%

    アンケートからは、レジャー性を感じてもらうには、やはりドリンクより食事の方がわかりやすいことが読み取れる。

(参考記事:日経MJ2019/4/1「外食にレジャー性を」5割 2050代女性の期待高く 1番人気は「和食店」6割)


追伸:
飲食店繁盛会のLINE公式アカウント(LINE@)をはじめました。LINE限定の情報も流していきます。現在、友だち追加するとここでしか見れないWebセミナー(20分)公開中。ぜひ友だち追加をお願いします。
友だち追加

全国出張コンサルティング

お問い合わせフォーム

お問い合わせはお電話でも承ります
03-5303-9841