こんにちは。コンサルタントの河上です。

本日は、人件費管理における、「人時売上高」という大事な指標について、少し触れてみたいと思います。

「人時(にんじ)売上高」とは、1人のスタッフが一定期間当たりにどれくらいの売上を上げているかという指標です。(一定期間とは、月間や年間等、分析したい期間です。)以下の式によって求められます。総労働時間には、パート・アルバイトや店長まで、お店に所属する全ての労働者の労働時間を含んで計算します。

人時売上高(円) = 一定期間の売上高 ÷ 同じ一定期間の総労働時間

例えば、ある1ヶ月の売上が300万円で、総労働時間が700時間だった場合、人時売上高は300万÷700時間=4,285円です。もし、このお店の人時売上高の目標値が5,000円だった場合、「この不足を埋めるためには・・・?」「目標値を越えるためには・・・?」という思考をしていきます。

※業種・業態等にもよりますが、飲食店繁盛会では人時売上高の目標値を、5,000円で設定することが多いです。

この目標値を達成するためには、以下の施策が必要です。

  • 売上高を上げるための施策
  • 総労働時間を減らすための施策
  • 生産性を上げるための施策、等

いずれの施策を取るにしても、当然ですが、お客様や従業員に負担をかけない配慮が重要です。

飲食店繁盛会では、こういった「人時売上高」のような具体的な数値を指標にして、売上予算や人件費予算を設定し、その達成に向けた施策の立案、実行、継続のお手伝いをしております。

以下は、弊社のサービスのご紹介です。

飲食店繁盛会には、「経営力アップワークショップ」という、「経営に必要な数値管理」に徹底的に強くなる為の短期集中プログラムがあります。

上記の「人件費管理」に関しても、貴店の数値を元に分析・管理方法をお伝えし、その後も自走できるようにしっかりサポートさせて頂きます。

当プログラムは、以下のような不安やご要望をお持ちの、経営者、マネージャー、店長にお勧めです。

  • 飲食店経営のノウハウをこれまでに体系的に学んだことはなく、一からしっかり学んでみたい。
  • 「飲食店経営の専門学校」のようなものがあれば通いたい。
  • 今さら、飲食店経営の「あるべき論」を学ぶのは、恥ずかしい。
  • もう一度、初心に戻って飲食店経営の基本を学び直したい。

 

  • 自分が学んできた経営理論に「抜け漏れ」がないかを確認したい。
  • あまり時間をかけずに、短期集中で一気に学んでしまいたい。
  • 部下に、飲食店経営の基礎を学ばせたい、等。

受講者のメリットは、以下の通りです。

具体的には、こんなことができるようになります。

  • 飲食店の数値管理を基礎から学ぶことができる。
  • 年間、月間、日割の予算の策定ができるようになる。
  • 年間の売上、利益、経費の予実管理ができるようになる。
  • 年間の販売促進の計画を立てられるようになる。

 

  • 原価管理を専用のフォーマットを使って行えるようになる。
  • メニューのレシピ表を作成できるようになる。
  • ロス率を算出できるようになる。
  • 棚卸しができるようになる。

 

  • 人件費管理をシフト表を使って行えるようになる。
  • 生産性を上げるための施策を実行できる。
  • 数値管理ができる店長を育てることができる、等。

皆様の数値管理に対する「意識」が上がれば、「行動」も「習慣」も変わってきます。

結果として、もちろん「売上・利益率」が上がってきます。

是非とも、当プログラムで一緒に頑張りましょう。

経営力アップワークショップの詳細URLです。
hanjoukai.com/keieiryokuworkshop/

 

飲食店繁盛会コンサルタント
河上 朗



飲食店繁盛会のLINE公式アカウント(LINE@)をはじめました。LINE限定の情報も流していきます。現在、友だち追加するとここでしか見れないWebセミナー(20分)公開中。ぜひ友だち追加をお願いします。
友だち追加

全国出張コンサルティング

お問い合わせフォーム

お問い合わせはお電話でも承ります
03-5303-9841