今回は、「飲食店の利用動機」について書かれた、飲食店繁盛会の代表 笠岡の記事をご紹介します。

「なぜお客様は飲食店を使うのか?」

7割の飲食店が開業後3年もたないという厳しい現実の世界で飲食店が生き残っていくためには、この根本的な問いを明確にしなければなりません。

では、なぜお客様は飲食店を使うのか?

それは、利用動機、つまり、「あなたのお店を使う理由があるから、お客様が来店する」という事実です。

飲食店にとっての利用動機は、大きく分けて2つあります。

その2つとは、利便性(実用性)娯楽性(非日常性)です。

一方で、お客様の予算で考えると、一般的に安価になればなるほどサービスコストをかけられないという意味で、物販に近くなります。利用動機でいうと、これらは、利便性(実用性)にあたります。

しかし、物販、つまり、利便性(実用性)のみではコンビニに勝てない時代です。

もし、ランチでコンビニに負けているのであれば、残念ながら「コンビニの方が安くて価値がある」とお客様に判断されているということです。

飲食店は利便性(実用性)だけで生き残るのは難しい

そう考えると、飲食店は、実用性(利便性)だけでは生き残るのはすでに難しくなっているので、あなたのお店の予算に応じた娯楽性(非日常性)といった物販にない価値が必要になります。安価なお店でもです。ここが軸になります。

利便性(実用性)に娯楽性(非日常性)を付加して総合的な体験を追求する

お客様が飲食店を利用する根源的な理由が、今や利便性(実用性)だけではなく、娯楽性(非日常性)を付加したものであれば、あなたのお店の客単価の範囲で、どこまで、その娯楽性・非日常性、総合的なお客様の体験を追求できるのか?を考え続けなければなりません。

これを別の言葉でいうと、モノ消費とコト消費、そして、最近ではトキ消費というキーワードで言われますが、この追求が、あなたのお店の存在理由となるのです。

利便性(実用性)+娯楽性(非日常性)をあなたのお店でどこまで具現化すべきなのでしょうか?僕たちは、ここをよく考えます。

 

株式会社飲食店繁盛会
代表取締役 笠岡はじめ

平成31年7月2日 繁盛会Newsより

いかがでしたでしょうか?

飲食店の利用動機は、利便性(実用性)+娯楽性(非日常性)です。

皆様のお店はいかがでしょうか。

今後の新しい集客施策や取り組みを考える上で、是非とも原点に立ち返ってみてください。(河上)


追伸:
飲食店繁盛会のLINE公式アカウント(LINE@)をはじめました。LINE限定の情報も流していきます。現在、友だち追加するとここでしか見れないWebセミナー(20分)公開中。ぜひ友だち追加をお願いします。
友だち追加

全国出張コンサルティング

お問い合わせフォーム

お問い合わせはお電話でも承ります
03-5303-9841