今回は、「お店のこだわり」に関する考え方について書かれた、飲食店繁盛会の代表 笠岡の過去記事をご紹介します。

私のもっとも基本的な考え方の1つなのですが、お店が繁盛するためには、お客様に価格でなく価値で選んでもらう必要があります。なぜなら、突き詰めるとお店の価値だけが、他店との差別化となるからです。価格は大手に勝てませんし。

そして、そのお店の価値のひとつに「こだわり」があります。こだわりは、メニューブックやホームページなどでお客様にきちんと伝える必要があるのですが、多くの飲食店経営者が、自分の店のこだわりをまとめきれないようです。

こだわりをまとめるには、コツがあります。このコツさえ知ってしまえば案外うまくまとめられます。それは、次の3つの視点で考えることです。1つめは「素材」。2つめは「製法」。3つめは「独自(オリジナル)」です。図にまとめるとこんな感じです。

素材とは、「地元農家の野菜を使用している」とか「県産の地鶏の卵を使用している」などです。製法とは、「8時間かけて発酵させる」とか「備長炭で丁寧に焼き上げる」などです。この素材と製法の2つの視点に関しては、どの飲食店も共通の考え方です。

3つめの独自(オリジナル)というのは、店ごとに違います。例えば、「夜景がきれいな個室がある」とか「本場フランスで修行したシェフの技」とか「古民家を改装した佇まい」とか「スタッフのフレンドリーな接客」などです。

クライアント店舗とのプロジェクトでは、私たちは、こんなコツも伝えたり、一緒に考えたり、引き出したりします。このあたりは、コンサルというよりコーチングに近いところがありますね。

(飲食店繁盛会 代表取締役 笠岡はじめ)

2017年2月21日 繁盛会Newsより

今回は、お店の価値の中でも「こだわり」のまとめ方を具体的にお伝えしました。

商圏の競合他店を分析をする中で、貴店のどの価値をどのように発信すれば商圏の中で「オンリーワン」となり、顧客から選ばれるお店になるかを追求しましょう。

その前提として、貴店の「こだわり」をまとめることは大変重要なのです。


追伸:
飲食店繁盛会のLINE公式アカウント(LINE@)をはじめました。LINE限定の情報も流していきます。現在、友だち追加するとここでしか見れないWebセミナー(20分)公開中。ぜひ友だち追加をお願いします。
友だち追加

全国出張コンサルティング

お問い合わせフォーム

お問い合わせはお電話でも承ります
03-5303-9841