皆様の店舗では、「予実管理」を行っていますでしょうか?

以前私が会社から運営を託されていた店舗では、この予実管理の考え方を導入・継続してから、業績が劇的に好転しました。

「予実管理」とは、「予算」と「実績」を把握し、分析していく経営管理の手法のことです。単に「予算管理」と呼ぶ場合もあります。

具体的に飲食店の場合だと、「店舗が設定した予算と実績が合致しているか」、「店舗の予算と実績の数値にギャップがありすぎないか」など、「予算」と「実績」を日々比較しながら業績を分析していきます。そして、その分析を予算達成の為に必要な経営判断の拠りどころとして、営業内容や販促活動などを検証・修正しながら、店舗運営を行っていきます。

基本的な「予算」には、大きく以下の3つが存在します。

  • 売上予算・・・売上の目標数値
  • 経費予算・・・経費の目標数値
  • 利益予算・・・利益の目標数値

予算作成のポイントですが、いくら利益が欲しいのかをイメージしながら売上予算を作成することが大切です。

そして、予算を達成させるための計画づくりには、「年間」の大きな予算だけではなく、以下の図のようにそれらを分解して「半期」「四半期」「月次」「週次」「日割」と細かく作成していく必要があります。慣れるまでは、「年間」「月次」「日割」だけの作成だけでも十分です。

飲食店繁盛会のコンサルティング顧問契約では、この「予実管理」の考え方も取り入れ、貴店が理想とする予算の達成に向けて伴走させて頂いております。お力添えができることがありましたら、是非ともお声かけ下さい。(河上)


追伸:
飲食店繁盛会のLINE公式アカウント(LINE@)をはじめました。LINE限定の情報も流していきます。現在、友だち追加するとここでしか見れないWebセミナー(20分)公開中。ぜひ友だち追加をお願いします。
友だち追加

全国出張コンサルティング

お問い合わせフォーム

お問い合わせはお電話でも承ります
03-5303-9841