今回は、「販促物」に対する考え方について書かれた笠岡の過去記事と、弊社の「販促丸ごとサポート」というサービスをご紹介します。


僕がショップリーフレットや宴会チラシ、ポスティングや折り込み用のチラシ、店頭告知用のポスターやタペストリを作る時、一番最初に考える項目があります。今日は、そんな話を。

1.その販促ツールの目的はなにか?

一番最初に考えるのがコレです。その制作物の目的は何か?例えば、ショップリーフレットの様に、

  • お店の存在を知らせる
  • お店のメニュー内容を知らせる
  • お店の価値を知らせる
  • お店の利用動機を知らせる…等

といった複数の目的を持つものもあります。

その場合は、このような主要な目的を全て挙げた上で、どれが一番の目的かを明確にします。そうすることいよって、自ずと有るべきレイアウトが固まってきます。

2.その販促ツールは誰がどのような状態で見るのか?

次に、その販促ツールは誰が見るのか?を明確にします。例えば、新聞折り込みをするのであれば、年配の方に届く事が多いので文字を大きめにしようとかデザインが変わってきます。

そして、その販促ツールはどのような状態でみられるのかを考えます。タペストリのように店頭告知用のツールであれば、歩きながら見るのか?立ち止まってみるのか?等によって作り方が変わってきます。

3.その販促ツールを見た人にどのような行動をもたらせたいのか?

最後に、その販促ツールによって、どのような行動をしてもらいたいのかを明確にします。予約してもらいたいなら、電話番号やWeb予約の方法を目立つようにしなければなりませんし、キャッチコピーも得たい結果によって変わってきます。

この3つをまずは考えて、販促ツールを作り込んでいきます。

自分で販促ツールを作っているお店は、結構多いと思いますが、最低限、この3つは制作する前に考えてみるといいでしょう。

株式会社飲食店繁盛会
代表取締役 笠岡はじめ

2017年11月21日 繁盛会Newsより

弊社には、「販促まるごとサポート」というサービスがあります。上記の記事にあるような弊社ならではのロジックに基づいて、貴店の課題や理想に寄り添った販促物作成のお手伝いをさせて頂くことができます。

当サービスは、飲食店繁盛会の得意分野である「売上アップコンサルティング」と「販促ツールデザイン」を一緒に受けられるサービスです。

飲食店繁盛会のコンサルタントとデザイナーが、あなたのお店の販促チームになります。1年間使えるポイントを購入していただき、そのポイントをコンサルティングや販促ツールのデザインに割り振ってお店を強くしていきます。

販促まるごとサポート
hanjoukai.com/lp-hmsupport/

ご興味のある方は、上記URLをご参照ください。
ページの最下部より弊社の資料請求や、当サービスにおける無料相談をお申込み頂けます。

皆様の販売促進の計画や実行において、お役に立てましたら幸いです。(河上)



飲食店繁盛会のLINE公式アカウント(LINE@)をはじめました。LINE限定の情報も流していきます。現在、友だち追加するとここでしか見れないWebセミナー(20分)公開中。ぜひ友だち追加をお願いします。
友だち追加

全国出張コンサルティング

お問い合わせフォーム

お問い合わせはお電話でも承ります
03-5303-9841