居抜き物件とは、設備や什器備品、家具などがついたままで売買もしくは、賃貸借される物件です。

居抜きに対して、設備などがまったくないまっさらな状態をスケルトンといいます。

設備や什器備品、椅子やテーブルがついているので、飲食店を開業するための手直しが少なくて済み、開業費用を抑えられることが多いです。

また、設備や什器備品もついているということは、それらの設備、什器備品を物件と一緒に買い取らなければなりません。それを造作費用といいます。

居抜き物件を取得する時に確認したいポイントは、まずは、前のお店がなぜ撤退したかという理由です。最近では、人手不足で撤退という理由も多いです。撤退理由が、物件の制限やご近所との苦情の場合は要注意です。

また、撤退したお店の評判も聞いておいたほうがいいでしょう。居抜き物件で開業資金を抑えて店をつくったために、外観がほとんど変わらず、前の評判の悪いお店のイメージを引き継いてしまい、お客様が入らないということもあります。

居抜き物件を借りても、全く新しいお店を、お店のコンセプトに沿って作り直すという考えが必要です。

次に、確認しなければならないことは、造作費用を払う設備、什器備品が本当に使えるのか?故障していないか?必要なのか?という確認です。

ただし物件がいい場合は、造作関係が不要であったり使えなかったりしても、物件を取得するために、その条件をのむという場合が多いです。ここは考えどころですが、それでも、もとが取れるという物件も結構あるということです。

株式会社飲食店繁盛会
代表取締役 笠岡はじめ

 


追伸:
飲食店繁盛会のLINE公式アカウント(LINE@)をはじめました。LINE限定の情報も流していきます。現在、友だち追加するとここでしか見れないWebセミナー(20分)公開中。ぜひ友だち追加をお願いします。
友だち追加

全国出張コンサルティング

お問い合わせフォーム

お問い合わせはお電話でも承ります
03-5303-9841