先日の繁盛会、会員限定の少人数勉強会の話の中で、『目標の立て方』の話題になりました。

目標設定の方法というと、SMARTの法則が有名ですが、今回は割愛。

その勉強会の時は、

「そもそもみんなどうやって目標を立てているのか?」

という別の視点の話になりました。

基本的に目標設定には2種類の立て方があります。

Backcast(バックキャスト)方式とForcast(フォーキャスト)方式です。

まず、Backcast方式とは、今の延長線上で目標を立てること。つまり、過去を基準に目標を立てていくことです。

例えば、3年後の自分の目標を立てるとしたら、

「今、1店舗で年商4800万円だから、売上を6000万円まで上げて、3年後にもう1店舗出す!」

と言った感じ。

どちらかというと、実現可能な目標設定になります。

一方、Forcast方式とは、過去や現在にとらわれず、未来の自分の理想を目標にしてしまう、という方式です。

例えば、3年後の自分の目標を立てるなら、

「今、1店舗だけど、それは置いておいて、3年後には30店舗展開したい。」

という突拍子もない感じで、親とかに「その根拠のない自信はどこから来るんだ」と突っ込まれるやつです(笑)

どちらの目標も、目標を立てたらその目標から逆算して、1年後、3ヶ月後、日々と行動計画を立てていくのですが、大きなことをする人はForcast方式の目標設定をする人が多いですね。

でも、どちらがいいというわけではありません。

どちらの方法を好んで選ぶのが幸せかという話です。

 

株式会社飲食店繁盛会
代表取締役 笠岡はじめ



P.S.
飲食店繁盛会では、今、事務局スタッフを募集中です!

【採用情報】飲食店繁盛会事務局スタッフ(事務職)詳細情報はこちらをクリック

 

お問合わせは、販促まるごとサポート(詳細ページ)お問合わせフォーム または、電話 03-5303-9841からお気軽に。