投下した広告費に対して、元が取れる必要売上高はいくらなんだろう?

ここは、いつも気にしたいところです。

では、どうやって出すのか?

それは、次の式で割り出せます。

 

必要売上高=広告費÷粗利率(売上総利益率)

 

例えば、月間1000万円売る店があったとします。

原価率が30%。つまり、300万円。

粗利率(売上総利益率)が70%(0.7)となります。

もう少し、売上を上げたいので、毎月30万円の広告費を使うことにしました。

その場合、

30万円÷0.7=428571円

つまり、その30万円の広告で428571円が売上がプラスされれば、その広告はトントンとなります。

 

なぜか?

ちょっと、違った計算で確認してみましょう。

売上1000万円、粗利率(売上総利益率)が70%(0.7)のお店で広告を30万円打ちました。

その結果、その広告費から50万円の売上がプラスされました。

そうすると、月間の売上が+50万円なので、1050万円になります。

一方、月間の粗利益は、1050万円✕70%=735万円になります。

つまり、30万円の広告費をかけて、粗利益が35万円となり、差し引きすると5万円儲かったということになります。

 

では、さっき求めた必要売上で計算してみます。

 

30万円の広告費で428571円の売上がプラスになったのですから、月間売上が10428571円となります。

そこに粗利率70%をかけると、粗利益が、

10428571円✕70%=7299999円≒7300000円

となります。

つまり、30万円の広告費を使って、30万円の利益がでたので、トントンになりました。

ということで、

 

必要売上高=広告費÷粗利率(売上総利益率)

 

投下した広告費に対して、元が取れる必要売上高の計算方法でした。

 

株式会社飲食店繁盛会
代表取締役 笠岡はじめ

 

追伸:笠岡の7、8月の出張コンサルの受付が終了しました。9月の出張コンサルの受付をはじめました。あと3件程度受付中です。
https://hanjoukai.com/consulting/business_trip_consulting/

 

お問合わせは、販促まるごとサポート(詳細ページ)お問合わせフォーム または、電話 03-5303-9841からお気軽に。

▼直近のセミナーのご案内

  • 10/20(浜町)
    特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
    「訪問者を増やすための効果的な広告活用法」(笠岡)
  • 10/19(埼玉)
    「メニューブックセミナー(仮)」(日向/笠岡)
  • 10/18(埼玉)
    「飲食店のための人手不足対策セミナー(仮)」(笠岡)
  • 10/12〜13(熊本) *一般開放無し
    「他業界からの飲食業進出セミナー」(笠岡)
  • 10/2-3 メーカー企業研修
    「メニューブックノウハウ研修」(笠岡)