先日のクライアント。お店に行き、試食試食。

できるだけ1人前を食べてみる。そうすると、食べきれない。

たしかに、僕は、たくさん食べる方じゃない。

でも、まわりのお客様をこっそり見ると、女性と年配が多い。

お店のターゲットをヒアリングするのですが、やっぱりその通り、女性と年配が多いとのこと。

おそらく、僕と同等か僕より食べないだろう。

で、そこのスタッフに聞く。

 

「お客様に料理の量が多いと言われませんか?」

 

「はい、よく言われます」

 

・・・

 

なぜ、よく言われるのに料理の量を変えないのか?

 

そうです。社長の指示なんです。

 

社長の指示には逆らえません。

 

これ、よくあります。

 

社長は、より良いもの、よりクオリティを高く、といつも考えています。

そして、新商品は自分で開発したり、試食をしたりするのですが、1人前食べない。

社長の自己満足の結果、1つ1つは美味しい、クオリティが高いのですが、食べきれない。

お腹いっぱいすぎて、逆に評価が下がる。

 

この現象、何度か伝えていますが、定期的にお客さんと同じ視点で食べないとダメですよ。

そうしないと、いつの間にかお客様の感覚とズレてしまう。

原価の高い原因もこれだったりする。そう、社長の指示。

要注意です。

 

株式会社飲食店繁盛会
代表取締役 笠岡はじめ