今では、一般的となったポカリスエット。実は、開発された当時は、お客様にまったく受け入れられない商品でした。

街角で試飲会を開いても、

「なんでこんなまずいものを飲ませるんだ!」

と怒られ、お店の人にポカリスエットを置いてもらえるように頼んでも、

「こんなまずい飲み物は売れないから置きたくない!」

と言われ、さんざんだったようです。

そこで、大塚製薬の社長は、

「数にいとめはつけないので、無料でポカリスエットを配って、たくさん飲んでもらう」

という決断をしたのです。

このようにして、野球少年などをはじめとして、スポーツをして汗をかく人たちに少しずつ認知されてきたのです。

結局、1979年に40億円分のポカリスエットをばらまきました。

そして、1980年に、90億円だった売上が、1981年に260億円にブレイクして、今に至るのです。

彼らは種をまき続けた。そして、芽が出た。

種を蒔かなければ、芽は出ない。これは自然の法則です。

そして、お店も一緒です。

どんなに忙しくても、どんなにかけられる予算が少なくても、種をまかなければ、未来に芽はでません。

しかも、種をまけば、必ず芽が出るとは限らないのです。だから、たくさんの種をまかなければなりません。

私たちがコンサルティングサポートをしているお店も一発必中はあり得ません。

たくさんの種をお店の人と一緒にまいています。

今の結果は、過去の原因が作ったもの。

原因があるから結果があるのであれば、良い結果が出る原因をたくさん作りましょう。

毎日、良い結果に結び付く原因を作り続けましょう。

やはり、そういうお店が数年後、確実に良くなっているのです。

あなたのお店は、原因作りをしていますか?

 

株式会社飲食店繁盛会
代表取締役 笠岡はじめ

 

 



飲食店繁盛会のLINE公式アカウント(LINE@)をはじめました。LINE限定の情報も流していきます。現在、友だち追加するとここでしか見れないWebセミナー(20分)公開中。ぜひ友だち追加をお願いします。
友だち追加

全国出張コンサルティング

お問い合わせフォーム

お問い合わせはお電話でも承ります
03-5303-9841