売上を上げるためにはマーケティングが必要だ。

では、マーケティングって、一体なんだろうか?

マーケティングというテーマで本が何冊も出ているから難しく感じるかもしれないが、

実は、マーケティングの原理原則は3つしかないと言っていい。

それは何か?

  • 1つめは、なるべくコストをかけずに見込み客を増やすこと。
  • 2つめは、その見込み客を既存客にすること。
  • 3つめは、既存客にリピートしてもらうこと。

マーケティングというと、分厚い本を本を読んでで、わかったような気になって、イマイチよくわからん…という感じになることが多いが、実は、とてもシンプルなんだ。

だから、あなたは、この3つの原理原則に従ってどうすればよいかを考えればいい。

これは、飲食店に限ったことじゃなく、どのビジネスにも共通する。そして、この原理原則は変わらない。

しかし、この3つを実現するための最適な手段は、時代によって、業種業態によって異なる。

飲食店の場合、これらの原理原則を叶えるため、いつの時代も共通して店に自動的に備わっているものがある。もし、備わってなければ、今以上の高い確率で速攻つぶれてしまうだろう。それは、次の3つ。

  1. 「見込み客を増やす」手法の1つがファサード(店頭の看板等)で通りすがりのお客様に店をアピールすること。
  2. 「見込み客を既存客にする」手法の1つが、やはりファサードで、見込み客にお店のコンセプトや内容を知らせて、あるタイミングで入店してもらうこと。
  3. 「既存客にリピートしてもらう」手法の1つが、接客と商品のお店のコンセプトに合ったクオリティでまた来たいと思ってもらうこと。

もう一度言うが、これが最低限。そして、ファサード・看板が大切なのがわかると思う。

昨日も和歌山の和食店と東京の洋食店の繁盛会会員の無料相談(コンサル)をしたが、両方とも共通して、ファサードまわりの改善は必須でそのあたりをいろいろとその店のあるべき論を伝えた。

繁盛会の会員は、無料相談を受けられると特典があります。

でも、おわかりだと思うが、これだけでは難しいことがほとんどだ。

そこで、考えてほしい。

あなたのお店は、このマーケティングの3つの原理原則に沿って考えたときに、具体的に何をしているだろうか?

ここを意識していないお店が多いのだが、これだけ簡単にお伝えすれば、自分の店だったら何ができるかを考えられると思う。

細かい手法については、今回は書かないので、ぜひ売上アップのために、自分の店で何ができるかを考えてみていただきたい。

(飲食店繁盛会 代表取締役 笠岡はじめ)

 

追伸:笠岡の7、8月の出張コンサルの受付が終了しました。9月の出張コンサルの受付をはじめました。あと3件程度受付中です。
https://hanjoukai.com/consulting/business_trip_consulting/

 

お問合わせは、販促まるごとサポート(詳細ページ)お問合わせフォーム または、電話 03-5303-9841からお気軽に。

▼直近のセミナーのご案内

  • 10/20(浜町)
    特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
    「訪問者を増やすための効果的な広告活用法」(笠岡)
  • 10/19(埼玉)
    「メニューブックセミナー(仮)」(日向/笠岡)
  • 10/18(埼玉)
    「飲食店のための人手不足対策セミナー(仮)」(笠岡)
  • 10/12〜13(熊本) *一般開放無し
    「他業界からの飲食業進出セミナー」(笠岡)
  • 10/2-3 メーカー企業研修
    「メニューブックノウハウ研修」(笠岡)