先日のとあるお店の「販促まるごとサポート」でのメニューリニューアルのコンサルティングでの話。

ちなみに、販促まるごとサポートとは、コンサルティングと販促ツール制作をパッケージにして月額分割払いに対応したサービスだ。つまり、飲食店繁盛会が、低額予算で、あなたのお店の販促・マーケティング部+コンサルチームとなる。

話は戻して、そのお店の売上ランキングを見ると、2位にサラダがあった。そのダントツに出ている名物とも言えるサラダは、原材料を見る限り、原価も低い。

つまり、売れてるだけでなく、稼いでいる商品だ。僕たちがよくやる“クロスABC分析”をしたら、間違いなく売上Aランク、粗利Aランクの商品。

このような商品を見つけたら、僕は、ラインナップを広げることを考える。つまり、その商品のバリエーションを増やすということだ。

なぜなら、その商品が売れれば売れるほど、お客様も満足(売れているのが証拠)、お店も嬉しい(粗利が高い)からだ。

そして、ラインナップには、横のラインナップと縦のラインナップの2種類ある。

ひとつの横のラインナップとは、味や素材を変えてバリエーションを増やすこと

例えば、つくねがとても売れているとする。そんな場合、つくねのソースを増やすことにより、つくねの種類が増える。焼鳥というカテゴリから、つくねという専用カテゴリに変えることもある。

つまり、つくねのバリエーションを増やして、つくね全体で、今まで以上に注文されれば、売上も粗利に貢献するという流れだ。

ふたつめの縦のラインナップとは、ボリュームだ

よくあるパターンは、例えば、アイリッシュパブの場合、フィッシュ&チップスが売れ筋商品に来る。いわゆるクロスABC分析でAAの商品だ。

その場合、魚の種類を変えるなど横のラインナップも考えられるが、ハーフサイズやダブルサイズなどをつくってラインナップを増やす。つまり、取りこぼしをなくして、売上と粗利に貢献するという作戦だ。

 

ラインナップを広げる。

とくに売れていて、粗利の高いものがあったら、ラインナップを広げるべきか考えるといいだろう。

そして、ラインナップを広げるための視点として、この縦と横の視点を覚えておいてもらえればと思う。

(飲食店繁盛会 代表取締役 笠岡はじめ)

 

追伸:笠岡の7、8月の出張コンサルの受付が終了しました。9月の出張コンサルの受付をはじめました。あと3件程度受付中です。
https://hanjoukai.com/consulting/business_trip_consulting/

 

お問合わせは、販促まるごとサポート(詳細ページ)お問合わせフォーム または、電話 03-5303-9841からお気軽に。

▼直近のセミナーのご案内

  • 10/20(浜町)
    特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
    「訪問者を増やすための効果的な広告活用法」(笠岡)
  • 10/19(埼玉)
    「メニューブックセミナー(仮)」(日向/笠岡)
  • 10/18(埼玉)
    「飲食店のための人手不足対策セミナー(仮)」(笠岡)
  • 10/12〜13(熊本) *一般開放無し
    「他業界からの飲食業進出セミナー」(笠岡)
  • 10/2-3 メーカー企業研修
    「メニューブックノウハウ研修」(笠岡)