Tポイントを導入すべきですか?

エディーやスイカなどのカードリーダー系の決済を導入するべきですか?

昨年くらいからこのようなクライアント飲食店からの質問がちらほら来るようになった。質問を受けたクライアントには直接伝えたが、僕の考えを書いておこうと思う。2017年4月現在の考えだ。

これらの導入で、一番最初に考えるべきことは、「それが売上につながるか?」ということだ。

実際、ほとんどの飲食店にとって、まだはやい。売上つながらないと思う。

だから、僕は、「今、よっぽどの考えがないのであれば、大手、インバウンド目当て以外は、急いで導入する必要はない。」と答えている。

ただ、これだけは意識したほうがいい。

それは、

これからはお金がいらない世界になる

ということだ。

お金とは価値交換の概念なので、紙幣である必要はない。コインに関しては、コイン自体が貴金属として価値を持つが、紙幣になった瞬間にお金は概念になっている。

お金以外で価値交換の仕組みさえできてしまえば、物々交換や労働対価、知識対価でも世の中は成り立つ。ただ単純に、大昔から最近までのITがない時代、お金というシステムが簡単で導入しやすかっただけだ。

クレジットカードは当然として、すでに、アップルペイ、エディーなど、小銭に関しては、現金を使わない人も多い。僕もほとんどアップルペイかおサイフケータイだ。しかも、この間、ビットコイン決済をビックカメラが導入した。つまり、仮想通貨が日本で正式に使えるようになってきている。

さらに、ここ数年、ポイントが貨幣としての価値をもち始めている。今がその創世記。理由は、ポイントの交換が利用に耐えられるくらいまで本格的にできるようになったから。例えば、今現時点だと、Tカード500ポイント分がANA250マイル分と交換できる。

交換できるだけでない、セゾンカードは、最近、ポイントを運用するサービスを始めた。

ポイント自体が資産運用に取り込まれるのだ。もう貨幣と同じ価値だ。

★永久不滅ポイントのポイント運用
www.saisoncard.co.jp/point/unyou/index.html

10年以上前から、お金がいらない時代が来ると言われていたが、今は、その世界に一歩足を踏み入れている。

もう一度繰り返すが、今、現時点では、ポイントカードやスマフォ決済は、中小個人飲食店には、まだ急ぐ必要はないと思う。手数料という経費が増えて、集客につながらないから。しかも、決済サイトが、現金払いより長い。

だけど、世の中の流れがキャッシュレス化の方向に向かっていて、おそらく、それは、逆戻りはしないということは覚えておいたほうがいい。

つまり、無関心にはならずに、いつか導入しなければいけない時期がくるので、それを気にしておこうということだ。僕もこれはずっとウォッチしている。

※ちなみに、ビックデータ(情報)を使いこなす自信がある店は導入してもいいと思ってる。大手でないと難しいと思うけど。

(飲食店繁盛会 代表取締役 笠岡はじめ)

 

追伸:笠岡の7、8月の出張コンサルの受付が終了しました。9月の出張コンサルの受付をはじめました。あと3件程度受付中です。
https://hanjoukai.com/consulting/business_trip_consulting/

 

お問合わせは、販促まるごとサポート(詳細ページ)お問合わせフォーム または、電話 03-5303-9841からお気軽に。

▼直近のセミナーのご案内

  • 10/20(浜町)
    特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
    「訪問者を増やすための効果的な広告活用法」(笠岡)
  • 10/19(埼玉)
    「メニューブックセミナー(仮)」(日向/笠岡)
  • 10/18(埼玉)
    「飲食店のための人手不足対策セミナー(仮)」(笠岡)
  • 10/12〜13(熊本) *一般開放無し
    「他業界からの飲食業進出セミナー」(笠岡)
  • 10/2-3 メーカー企業研修
    「メニューブックノウハウ研修」(笠岡)