飲食店繁盛会とは売上アップサポート・メニュー作成・ホームページ作成等を行うコンサルティング会社です
繁盛会News

メニュー

メニューブックで伝えるとはどういうことか?

メニューブックは、注文するツールであると同時に、お店の持つ一番の自社メディアです。 これは、今まで、いろんなところで言っています。 では、メニューブックをメディアとしてどう使うのか? 今は、チェーン店でも価格でなく価値で …

売上が落ちている根本的な原因は何?儲からない根本的な原因は何?まずは、そこから手を打たないと!

  先日のクライアント。新しいプロジェクト。 売上が数年前に比べて約20%以上ダウン。右肩下がり。でも、すごく頑張っている。 なんとかしたいのだけど、何をすればよいかわからない。 という流れで飲食店繁盛会に相談 …

新メニューで人件費増吸収!これからはメニューリニューアルがより重要になる(日経新聞から)

1/13の日経新聞に『外食6社、4社経常増益 新メニューで人件費増吸収』という記事がありました。こんな記事です。 外食6社、4社経常増益 新メニューで人件費増吸収(日経新聞 2018/1/13より) 外食大手6社の201 …

ネガティブワードで売上損失していませんか?

とあるクライアント。 メニューをチェックしていると、 「激辛!麻婆豆腐」 という商品名。そして、オススメマーク付き。 他のクライアント。 釜飯ページの注意書きに、 「釜飯は、ご注文頂いてから30分かかります。ご了承くださ …

ちゃんと、1人前食べてます?

先日のクライアント。お店に行き、試食試食。 できるだけ1人前を食べてみる。そうすると、食べきれない。 たしかに、僕は、たくさん食べる方じゃない。 でも、まわりのお客様をこっそり見ると、女性と年配が多い。 お店のターゲット …

仕組みが歪んでしまって、せっかく良いスタッフのパフォーマンスを落としていることはありませんか?

とある飲食店のサポート。新しいクライアント。 最初に事務所で幹部と打合せをし、その後、ひとりでお店でランチ。顔が割れる前にしかできない覆面調査もどきです。 僕が最初にお店を見るときは、最低限、 ファサードをじっくりと見る …

〆の名物を考えてみては?

飲食店繁盛会で、メニューリニューアルのサポートをするとき、特に居酒屋などお酒を出す店では、〆の名物を考えて投入することが多い。 これは、7〜8年前から、クライアントを見ていて、全体的にアルコール消費の減少から2軒め需要が …

メニューブックのカテゴリの3つの種類

メニューブックのカテゴリ。お客様が選びやすいメニューブックを作る上で、カテゴリ設定もカテゴリの見せ方も重要です。 メニューブックの昔から一般的なカテゴリは、「揚げ物」「煮物」「おつまみ」「肉料理」等の料理の種類のカテゴリ …

メニューブックの品揃えの多さとは、商品数の多さではない

商品が多くても追加注文できないメニューブックって経験したことありませんか? 例えば、 「お腹いっぱいなんだけど、お酒は飲みたいからちょっとしたツマミを食べたいなぁ。でもちょっとしたツマミは、全て頼んでしまったから頼むもの …

なぜ売り手視点のメニューになってしまうのか?

飲食店が繁盛するためには、「いかにお客様視点になるか?」が大切です。店主もコンサルタントも個人的な好き嫌いは一切取り入れずに、常にお客様の立場で考える必要があります。 メニューブックにおいても、お客様視点で作っていかなけ …

メニューブックに載せる写真はテーマが大切

メニューブックをつくる時、僕は、 「なぜ、この商品を紹介する面積がこれだけ大きいのか?」 「なぜ、この商品は写真を載せないのか?」 「なぜこの商品は、商品説明があるけど、あの商品は商品説明がないのか?」 など、ひとつひと …

なぜ伝えない… これを伝えるだけで売上が上がるはずなのに…

先日の数店舗やっているお寿司屋さん。なんと創業100年以上のお店。 江戸時代から店名は変わっているけど、今に引き継がれている。しかし、話を聞かないとわからない。もちろん、お客様が一番目にするメニューブックで、まったく伝え …

商品に価値をつけると量が多くなるのはちょっと注意

「できるだけお客様に喜んでもらいたい。」 「お客様にサプライズを届けたい。」 商品の価値を伝えるために、できる店長・料理長、そしてオーナーは、とても考えている。 先日、飲食店繁盛会でちょっと前にサポートしたお店に久しぶり …

飲み放題メニューの考え方

今日は、わかっているはずなのに、あまり気にされていない「飲み放題メニューの考え方」について。 飲み放題メニューで、僕が一番考えることは、ビール会社さんには大変申し訳無いのですが「いかにビールを出さないか」です。 理由は、 …

メニューブックでお店の使い方(利用動機)を伝えるためには、カテゴリ名だけではなく、もう一つが大切

先日、来店するお客様を増やすために、ターゲットを広げることを考える。そして、ターゲットを広げるためには、大きく分けると2つの方法があるという話をしました。 そのうちの1つの方法は、利用動機を広げることですが、新しく取り込 …

ドリンクメニュー制作の3つのポイント

ドリンクメニューは、ビールメーカーや酒屋にタダで作ってもらう。そういう飲食店がかなり多い。あなたの店はどうだろうか? しかし、このようなメニューが多いからこそ、ドリンクメニューで差をつけることがやりやすい。 そこで、今日 …

飲食店メニューのラインナップの広げ方

先日のとあるお店の「販促まるごとサポート」でのメニューリニューアルのコンサルティングでの話。 ちなみに、販促まるごとサポートとは、コンサルティングと販促ツール制作をパッケージにして月額分割払いに対応したサービスだ。つまり …

583通りの組合せの“マックの裏メニュー”と「選ぶ楽しみ」は「選ばなければいけないストレス」の話

マクドナルドHP「マックの裏メニュー2」より www.mcdonalds.co.jp/campaign/napaJsdlanoDcM/   例えば、 「このセットは、サラダを3種類から1つ、前菜は10種類から3 …

勉強している人ほど陥りがち。普段からリピートを意識しているか?

  飲食店に限ったことではないが、ほとんどの商売は新規客とリピート客から成り立っている。つまり、売上を上げるためには、「新規客を増やす努力」と「リピート客を増やす努力」をしなければならない。 しかし、先日の売上 …

売上と利益が変わる飲食店のメニューの作り方、5つのポイント

ほぼ全ての飲食店にあるメニューブック。私は、このメニューブックの作り方ひとつで、売上や利益が大きく変わることを、多くの飲食店で実証してきました。 メニューの作り方で、売上や利益に影響するのノウハウは、著書『売れまくる!メ …

飲食店メニューの作り方

飲食店経営者が、自分でメニュー作成をしようと思い立った時、 「メニューブックって、どうやって作るのだろう?」 「一体何から手を付けるのだろう??」 と思う方が結構多いようです。 特に、飲食店を始めて2年くらい経って、初め …

menubook_jp_img_2

hdatabase_b3

最近の投稿

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 飲食店繁盛会 All Rights Reserved.