博多駅筑紫口から徒歩5分くらいのところに、いいお店ができました!4月19日オープンです。

その名も『大衆海鮮 酒場レオタード』。いいファサードです。夏場は、外でも飲めます。

一番気になるところ、そう、なぜ、レオタードなのか?

実は、酒場レオタードは、長崎県の壱岐島(いきのしま)とがっつり提携して、その壱岐島で朝獲れた新鮮な魚を直送して、その日の夜の営業で提供しているんです。

だから魚がとてもおいしい酒場なのですが、壱岐島から博多って、船で2時間くらいなんですね。

で、その壱岐島では、海女さんが、レオタードを来て漁をしているんです。こんな感じで。

なぜかっていうと、働き者の海女さんは、ウエットスーツで漁をすると、たくさん収穫してしまう。自然保護の観点からあまり長く潜れないレオタードで漁をしているんです。それが、名前の由来です。しかし、この方、綺麗です。モデルでなく、本物の海女さんだそうです。

店内はこんな感じ。

カウンターもたくさんあるので、一人でも入りやすいです。

また、最大50名入れる個室もあります。

レオタードの特徴は、壱岐島直送の鮮魚も含めて、単品は500円以下。5000円のクオリティの料理が3000円で楽しめるお店です。ストーリーとコンセプトがしっかりしています。表からは見えませんが、その後ろに、このコンセプトを支える強みもあります。

これがメニュー。コンセプトからお手伝いしましたが、メニューも飲食店繁盛会で作りました。

メニューは、あくまでも酒場っぽく。でも、ウリと選びやすさ、ストーリーを含めた価値を伝える。B5の4ページ、ラミネート。

それでは、料理をいくつか。まずは、レオタード盛り。刺盛りです。1人前から注文できます。原価高いです(笑)

牛すじ味噌煮込み串。1本ずつ注文OK。

カウンターでこんな感じ。右が肉豆腐。

肉豆腐。

串天。これは盛り合わせです。もちろん、つまみなので、1本ずつから頼めます。

これが、レオタード漁で獲った貝の盛り合わせ。これは、内容によって値段が変わります。これは980円。

マグロの中トロ刺し。2人前。

イカソーメン。

塩辛キャベツ炒め。これ、初めて食べたけど、うまいですね。

豆苗の塩昆布焼き。

壱州醤油で炊いた大根の唐揚げ。これも初めて。大根の唐揚げも美味しんですね。

壱岐島で朝採れた旬魚をその日のうちに提供。もちろんレオタード漁で獲れた貝も。しかも、全品500円以下。それ以外でもいろいろと新しい仕掛けが…。

僕が見に行ったときも18時台にはほぼ満員。

すでにテレビ取材を2つ受けています。ストーリーと社会性もありますからね。話題の店になりますよ。

博多駅筑紫口駅から徒歩5分くらい。ぜひ行ってみてください。

 

関連ランキング:居酒屋 | 博多駅東比恵駅祇園駅

 

株式会社飲食店繁盛会
代表取締役 笠岡はじめ

追伸 今回は、飲食店繁盛会の開業サポート販促まるごとサポートで支援しました。

 



飲食店繁盛会の主催セミナーをします。セミナー参加受付中です!

セミナー詳細 → https://hanjoukai.com/infomation/seminer20181113/

 

お問合わせは、販促まるごとサポート(詳細ページ)お問合わせフォーム または、電話 03-5303-9841からお気軽に。