浅草 うまいもん あづま

東京都台東区/和洋定食(グランドメニュー/A4/8P/ブック型)

今回の事例:メニューブックリニューアルさらに日本語版を英語・中国語・韓国語に翻訳),ホームページまるごとサポート現在のサービスは、販促まるごとサポートです。)

→ aduma.tokyo/

<サポートの結果>

浅草の浅草寺の近くの商店街にある大繁盛店。今まで自分たちでメニューを作ってきたが、一度、専門家にメニューブックを作ってもらいたいということでメニューリニューアル。

また、日本有数の観光地という立地柄、日本語のメニューを、英語、中国語、韓国語の翻訳バージョンを作成。1日の中で、お客様全員が外国人という時間もあるお店なので、外国語メニューも活躍しています。リニューアル後、店主からこんな言葉をいただきました。

「表紙でお店の歴史を伝えることができて、浅草の老舗感が出ていて、お客様にも評判がいいです。お酒とおつまみを取っていただく率が増え客単価が上がりました。以前はオムライスが良く出ていたのですが、集中するとオペレーションが大変でした。それが三大名物に分散して注文が入るようになり、提供時間も早く、オペレーションも楽になりました。

外国語メニューを作ったことで外国のお客さま自身で日本のものを発見するようになり、お刺身の盛り合わせなどが良く注文されるようになりました。ドリンクでは利き酒セットが良く出ています。うちのお店で出るのかと思っていましたが喜ばれています。以前では考えられなかったのですが、ボトルワインをグループで楽しまれる方も多くいらっしゃいます。

今回は三ヶ国語のメニューを作成したので、自分の国の言葉で書いてあると理解が深く、細かなニュアンスが伝わるため、「イメージしたものと違う」と言われることが少なくなりました。

このリニューアルでスタッフの啓蒙にもなり、意識も変わってきました。例えば、ワインの注ぎ方を「この方がエレガントに見える」など勉強するようになってくれて、とてもよかったです。この中から将来ソムリエを目指す人など出てくれれば嬉しいな、と思っています。この様なスタッフへの波及効果もメニューリニューアルの嬉しい効果です。あづまのいいツールができたので活用したいです。

リニューアルに当たって、何度も打合せを重ねたり、セミナーにも参加したりととても勉強になりました。私共も「お店から出なきゃダメだな」と思いました。スタッフと共に「あづまに関わる人を幸せしよう」と言うスローガンでがんばっています。「目指せ 老舗」「浅草で一番に」を目標に次のステップに向けて頑張りたいと思います。」

 

繁盛サポート会員になるとより詳細な事例解説レポート『【会員限定】『浅草 うまいもん あづま』の観光地型メニューと外国語メニューの事例』(要ID・PW)を読むことができます。

 

追伸:笠岡の10月の出張コンサルの受付が終了しました。11月の出張コンサルの受付をはじめました。あと数件程度受付中です。コンサルタント日向の出張コンサルティングは10月も受付中です
https://hanjoukai.com/consulting/business_trip_consulting/

 

お問合わせは、販促まるごとサポート(詳細ページ)お問合わせフォーム または、電話 03-5303-9841からお気軽に。

▼直近のセミナーのご案内

  • 10/20(浜町)
    特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
    「訪問者を増やすための効果的な広告活用法」(笠岡)
  • 「メニューブックセミナー」【無料】
      *飲食店繁盛会コンサルタント日向
     
    10/19(埼玉スーパーアリーナ)
  • 10/18(埼玉スーパーアリーナ)
    「飲食店のための人手不足対策セミナー」【無料】(笠岡)  
    10/19(埼玉スーパーアリーナ)
  • 10/12〜13(宮崎県) *一般開放無し
    「他業界からの飲食業進出セミナー」(笠岡)
  • 10/2-3 メーカー企業研修
    「メニューブックノウハウ研修」(笠岡)