今回の武漢の出張は、大きなプロジェクトのキックオフで、一緒にプロジェクトを行う日本の方と香港の方を武漢に連れて行ったこともあり、中国のクライアントが、仕事の合間に観光も少し入れてくれました。その今回の観光のメイン。

『世界級4D魔幻水上大秀』

何かというと、シルクドソレイユにも参加して彼らを世界的有名にした数々の名物プロダクションを作り上げたと言われるフランコ・ドラゴーヌというアーティストのショー。

サーカスと劇場芸術を融和させて水を舞台にした壮大なショーで、2015年ころから中国の武漢市で上映が開始され、いまだにチケットが取れないくらい人気を博しています。毎日上演されているのに。ほら。思いっきり平日の夜ですよ。

ちなみに、イギリス人建築家マーク・フィッシャーによるレッド・ランタンと呼ばれる劇場での講演。建物自体が目を引きます。大きすぎてこんな写真しか撮れなかったけど。

席はかなり良い席。中国のクライアントが、一番前の方で水がギリギリかからない席を数ヶ月前からおさえてくれました。

スクリーンの下に舞台があって、舞台の前に客席があるじゃないですか。そんなに前の方に見えないですよね。

でも、いざ始まると、こんな感じ。あれ?上の写真の狭い舞台の前のお客がなくなって、すぐそこまで舞台になってる!あそこにいたお客は、一体どこに???。なんか、客席も移動するみたいで…

水の舞台ということで、この上の写真の広い舞台が、こんな感じで、すぐそこまで水。いつの間にか前から10列目くらいになってました。

さすがサーカスと劇の融合。すごい高いところから女性が飛び込んでいる瞬間です。いや、ホントにオリンピックの飛び込み並ですよ。

こんな感じで、1千万リットルの水を使用して、舞台が七変化します。あと数列前だと、水がかかります。雨合羽強制着用です。本当に。ということで、七変化する舞台。

水の壁、これもすごーく上のライトら辺からの素晴らしい飛び込み。しかも、何人も何人も連続で飛び込みます。美しく。

ショーは、ちゃんとストーリーになっています。セリフはありません。演技だけでなんとなく伝わります。

でも、やっぱりアクションものがすごい。本当に人間の可能性ってすごいと感じます。感動モノです。これもすごかった。水で飛ぶやつ。

で、雑技団的な。

話によると武漢は、中国雑技団(中国武漢雑技団)も有名で、さらに、体操も含めたオリンピック選手もたくさん排出している地域だそうです。ドラゴーヌのショーは地元の人を基本的に使うので、このような武漢の昔からの運動神経のよさも、この地でショーをする理由になったのかなぁとも思います。

さっきまで水があったと思えば、いつの間にか、水のない舞台。

いやー、ホントに、瞬きを我慢するくらいのショーでした。クリエイティブの力と磨かれた究極の技。人ってすごいなと本当に思います。

2010年からマカオでも同じ感じのショーをしているようです。だから、マカオと武漢、世界で2箇所しか見れません。(もしかしたら、もう1箇所あったかも。)

ということで、これは、機会があったら、絶対見るべきです。

なんか、書きながらこのショーを思い出したら、また、仕事がんばろう!と思ってきました。

心を動かす仕事がしたい。精進しよ。

株式会社飲食店繁盛会
代表取締役 笠岡はじめ

 

 

お問合わせは、販促まるごとサポート(詳細ページ)お問合わせフォーム または、電話 03-5303-9841からお気軽に。

▼直近のセミナーのご案内

  • 10/20(浜町)
    特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
    「訪問者を増やすための効果的な広告活用法」(笠岡)
  • 10/18or19(埼玉)
    「飲食店のための人手不足対策セミナー(仮)」(笠岡)
  • 10/12〜13(熊本) *一般開放無し
    「他業界からの飲食業進出セミナー」(笠岡)
  • 6/28(東京)【終了】 *一般開放無し
    メーカー企業新入社員研修
    「飲食業界の概要と飲食業の数字の基本」(笠岡)
  • 6/14(東京)【終了】
    カフェレスジャパン2018(東京ビックサイト)
    「これからの飲食店のためのネット活用セミナー」(笠岡)
  • 6/14(東京)【終了】
    カフェレスジャパン2018(東京ビックサイト)
    「売れるメニューブックセミナー〜メニューブックでお店が変わる〜」 (笠岡)