前回の中国武漢の出張は、まったく観光ができなかったのですが、今回の武漢の出張は、いくつか観光地に連れて行ってもらいました。

その一つの黄鶴楼。何度も火事にあったりして建て替えられたのですが、現在のものは、1985年に再建されたものだそうです。

もともと、223年に三国志の呉の孫権によって建てられました。歴史大好きなので、三国志と聞くだけで心が踊ります。

武漢は、長江(揚子江)と漢江が交わる戦略的に重要拠点。そして、ほとんど山がない地域です。なので小高い丘のような山にこの黄鶴楼を立てれば、まわり一面見れたはずです。今は、こんな眺め。向こうの河が長江です。

ちなみに、下の写真の右上の低いオレンジの屋根の建物。ここから、辛亥革命が始まったそうです。昔から最近まで中国の歴史の表舞台の場所です。

黄鶴楼は、中国の教科書に載っているので、中国の人は、基本知っている有名な建物のようです。話を聞くと、三国志云々というよりも、詩人の李白がここで詩をうたったことが有名で、そのような芸術家が集まる場所という認識みたいでした。

 

ここは、黄鶴楼の前からの眺め。やっぱり鶴がいい場所にいます。

 

こちら、近くにあった岳飛(がくひ)の銅像。中国南宋の武将。英雄なんでしょうね。のちに鄂王と呼ばれ、関羽と並んで讃えられているとか。ウィキペディアに教えてもらいました。

ということで、武漢満喫、その一でした。

 

株式会社飲食店繁盛会
代表取締役 笠岡はじめ

 



P.S.
飲食店繁盛会では、今、事務局スタッフを募集中です!

【採用情報】飲食店繁盛会事務局スタッフ(事務職)詳細情報はこちらをクリック

 

お問合わせは、販促まるごとサポート(詳細ページ)お問合わせフォーム または、電話 03-5303-9841からお気軽に。