今日は朝イチで福島へ。

着いてまずは試食。今回は、料理長も一緒に。そう言えば、2日続けて中華料理食べてる…

1人前をお客様の立場で食べてみると、味見では決して気付かないことが、いろいろ気付きます。なので、定期的に。

飲食店にありがちなのですが、飲食というビジネスに携わっているのに、「外食しない派」が一定割合でいること。

しかも、お店でも、まかないばかりで、1人前としての商品を食べていない。

こういう経営者・店長・料理長は要注意です。繁盛への道を遠回りしてしまいます。

さて、話は変わりますが、このお店。

まだ、メニューリニューアルはしていないのですが、その前のテスト段階として、一番忙しいランチメニューを試験的にいじっています。

現在のメニューレイアウトと商品構成を見せてもらって、いろいろ課題を聞いたところ、ランチの場合は、オペレーションが重いことが一番の課題でした。

そこで、いくつか前回提案。

一度にすべてをテストするのは難しいので、一つだけ取り入れてもらった結果、それだけで、かなりオペレーションが軽くなったとのこと。

何をしたかは、ここでは言いませんが。

僕がメニューブックをリニューアルする時は、商品構成とオペレーションについてもヒアリングして、考えて改善していきます。

今日、行ったお店も多分にもれず、人手不足。

こういう、ちょっとしたオペレーションの改善、特にメニューブックで改善できることは、毎日のことなので、大きいです。

ということで、今日は、その次の段階として、現状のスタッフができる範囲で、効果を最大化するメニューリニューアルの方向性について、提案してきました。

その方向性は、経営者もマネージャーも料理長も納得していただきました。

コンセンサスが取れたので、あとは、詳細を詰めていきます。

こういう“考え”が“現物”になるところ、そして、実際に仮説通りに効果がでるところ、個人的に仕事として楽しいです。

メニューリニューアルが楽しみです。

★メニューリニューアルに興味がございましたら、お気軽に問合せください。

お問合わせフォーム または、電話 03-5303-9841まで。

笠岡が書いたメニュー本。今年春、中国でも出版されます。よろしければ読んでみてください。

 

株式会社飲食店繁盛会
代表取締役 笠岡はじめ

 



P.S.
飲食店繁盛会では、今、事務局スタッフを募集中です!

【採用情報】飲食店繁盛会事務局スタッフ(事務職)詳細情報はこちらをクリック

 

お問合わせは、販促まるごとサポート(詳細ページ)お問合わせフォーム または、電話 03-5303-9841からお気軽に。