何かと話題なAIスピーカー。日本では、LINEからWAVE(ウェーブ)が先行で発売されましたが、10/6にGoogleがとうとう日本でGoogleHOMEというAIスピーカーを販売しました。

こういうのに目がない笠岡は、10/6が結婚記念日だとか、そういうことは関係なく、自分のためだけに10時ぴったりにビックカメラの通販でポチっと。そして、先程届きました。

こんなパッケージ。まずは正面。

そして、くるっと一周すると…

 

 

こんな感じ。

AIスピーカーって、スピーカーと何が違うの?と奥様にまっさきに聞かれましたが、なんというか、簡単に言うと、キーボードではなく、すべて声だけでスマフォやパソコン、そのうち家電とか使える音声入力デバイス、もっと簡単に言うと声で操作できるリモコンみたいな感じです。

おそらく、AIスピーカーは、AppleWatchを始めとするスマートウォッチよりも、早く生活を変えるでしょう。

まだ、GoogleHOMEも日本に上陸したばかりなので、まだ機能的な面もまだまだですが、例えば、「OK、Google。おはよう」と話しかけると、このスピーカーが挨拶をしてくれるだけでなく、今日の天気、気温、そして、NHKラジオから最新のラジオニュース番組を流してくれます。

もっと簡単なことでいうと、ゾウの鳴き声は?と話しかければ、ゾウの鳴き声を。15×2は?といえば、ちゃんと計算してくれます。

そのうち、日本も家電や家と連携して、声で電気を付けてくれたり、お風呂を沸かしてくれたりするでしょう。

箱を開けるとこんな感じ。

大きさは、アップルウォッチと並べてみました。案外小さかったです。

裏面。マイクのミュートボタンがあります。

Google HOMEが考えるとこんな電気がつきます。

まぁ、結局、AppleWatch同様使いこなせないので、とりあえず、「OK Google、ベビメタ流して」と音楽をガンガンにかけて、ただのスピーカーとして使っていました。

でも、ちょっとAIスピーカーらしいことで使いたかったので、「OK、Google.タイマー4分」と言って、カップラーメンを食べました。音が鳴る時、こんな感じで頭が光っていました。お陰様でおいしくラーメンができました。

今のところの個人的な見解ですが、やっぱり本命はAmazonのAIスピーカー「アマゾンエコー」でしょうね。アマゾンエコーが日本に来たら、たぶん買います。AppleのAIスピーカーも買っちゃうと思いますが、あまり期待していません。LINEのWAVEは、うーん、LINEと連携ができても、日本で主役になれるかは疑問。

また、新しい使い方や面白い機能ができるようになったら、また書きます。

株式会社飲食店繁盛会
代表取締役 笠岡はじめ

 



P.S.
飲食店繁盛会では、今、事務局スタッフを募集中です!

【採用情報】飲食店繁盛会事務局スタッフ(事務職)詳細情報はこちらをクリック

 

お問合わせは、販促まるごとサポート(詳細ページ)お問合わせフォーム または、電話 03-5303-9841からお気軽に。