2日目にまわった寺院。3つめ。ウルワツ寺院。バリの3大サンセット鑑賞ポイント。ケチャックファイヤーダンス(ケチャダンス)も見れて、おトクな感じです。

メルは崖っぷちにあります。見えますか?あのちっちゃいの。奥の方の黒い▲っぽいの。

では、最近買った必殺望遠レンズで拡大。

これね。自慢の望遠レンズ。18倍。スマフォの光学ズームと合わせるともっと拡大。でもブレるので、三脚が必須。

下の写真は、三脚が使えませんでした。光学いれた最大ズームではないです。話を戻します。

ガイドさんによると、海の神様が祀られているそうです。わかるって(笑)

ウルワツ寺院は、なんと11世紀に建立され、16世紀に増築されたとか。さっきの2つより古い!ちなみに、これら3つは、全てヒンドゥー教の寺院だけど、バリには、ヒンドゥー教は2種類あるとか。ジャワ系とバリ系。とざっくりとガイドさんが教えてくれました。

ちなみにこんな断崖絶壁。でも美しい。指の先にある木の生えた大きな岩。昨年くらいに上から落っこちたらしいです。ガイドさんが教えてくれました。落ちる瞬間を見たかった。

で、でね、ビジネスモデルか!って感じなのですが…

ここは猿がたくさんいて、日本の観光地の猿に劣らず、いたずら好き。洒落になってない。というか、ビジネスでメガネなどを取るんですよ。

メガネをとって得意げな猿

どうしてビジネスかというと、メガネを取ると、猿対策係員が、メガネを離すまで猿の大好物のエサをあげるんです。メガネに見合ったエサをもらうと、猿はメガネを放り投げます。その瞬間にメガネを取り返し、そして、その係員は、観光客からメガネを取り返した代金を1000円くらいかな?もらいます。

うーん、よくできてる!?共生とはこのことか?

(ちなみに、すぐにメガネを奪い取らないと他の猿が取りに来ます。リピートの仕組み!?)

あ、ただ、あれですよ。名誉のために伝えておきますが、ちゃんと係員は、猿がメガネとかを取る前に追っ払ってくれますよ。猿も、係員が来るとパチンコとかで打たれるから本気で警戒するので。油断している観光客が100%悪いと思います。はい。

(飲食店繁盛会 代表取締役 笠岡はじめ)

 



P.S.
飲食店繁盛会では、今、事務局スタッフを募集中です!

【採用情報】飲食店繁盛会事務局スタッフ(事務職)詳細情報はこちらをクリック

 

お問合わせは、販促まるごとサポート(詳細ページ)お問合わせフォーム または、電話 03-5303-9841からお気軽に。