GWのバリ島2日目。今日は、1日観光でした。実は何気に歴史的建造物が好きです。日本だったら、城とか神社とか寺とか目がないです。特に歴史の舞台になったところ(笑)ということで、寺巡りをしました。今回は、世界遺産の『タマンアユン寺院』のお話。

『タマンアユン寺院』は、バリ島で一番美しいと言われています。また、2番目に大きな寺院だそうです。1634年に建てられました。

この五重塔のような10基の綺麗な「メル」が最大の特徴で、2012年にバリ島初の世界遺産にも登録されています。

ガイドさんによると、王様のメルは、一番小さいものだそうです。なぜなら人間だから。あとは神様だそうです。ざっくりですが(笑)

ちなみに、バリ島は、17世紀ごろ9つの王国があり、そのひとつのムングゥイ王国の国寺としてこのお寺が建てられました。しかし、そのムングゥイ王国は、隣国の連合軍に破れ、滅びました。両方の隣国から一気に攻め込まれたのでしょう。バリ島で一番美しい寺を建てたのに、諸行無常です。

(飲食店繁盛会 代表取締役 笠岡はじめ)

 



P.S.
飲食店繁盛会では、今、事務局スタッフを募集中です!

【採用情報】飲食店繁盛会事務局スタッフ(事務職)詳細情報はこちらをクリック

 

お問合わせは、販促まるごとサポート(詳細ページ)お問合わせフォーム または、電話 03-5303-9841からお気軽に。