八戸。5〜6年ぶりの訪問ですが、今回は、いろいろと町を案内してもらって研究してきました。基本、出張で普段行かないところに行くと、そこの文化がどうなっているのか?などを調べるのが好きです。

で、八戸。かなり、古い街。縄文時代の遺跡もあるくらい。中世以降は、南部藩。青森の方とはちょっと違う文化。雪もほとんど降らないとのこと。

いろいろと車で回ってわかった特徴を4つ。まず、観光地というよりも工業地帯。港の方に言ったのですが、永遠と工場。

実際、海の方へ行くと、こんな感じの工場地帯。だから、この商圏は、この工場で働く人とその家族が多い。

そして、もう一つ思ったのが、自衛隊の町。自衛隊の家族が入る団地がたくさんあります。だから、お客様も自衛隊とその家族が多い町。こちらは海上自衛隊。シン・ゴジラを思い出します(笑)

次に思ったのが、温泉だか銭湯だか微妙な感じの温泉が多い。あちこちにあります。でも潰れてる温泉もたくさんあります。温泉ではない所も多いみたいです。つまり、銭湯。

タクシーの運転手さん曰く、この街では、朝、銭湯に行く習慣があるみたいです。たぶん、漁師町だったからではないか?と言っていました。朝、漁から戻ってきて、とても寒いので、お風呂さんに直行。この名残かな…と。なので、どこの温泉もだいたい6時から開いています。

ということで、八戸文化に触れるために、さっそく早起きして、温泉へ。新八温泉という八戸で一番大きなところに行きました。理由は露天風呂がある近くのお風呂がここだけだったらです。(つまり、やっぱり多くは銭湯的なんでしょう。)ここはちゃんと温泉とのことです。温泉大好きなので、温泉のためなら、苦手な早起きもできます。

で、最後の特徴として気がついたのが、いろいろ回るとラーメン店が多い。尋常じゃないですよ。車で5分圏内に10件とか普通にある。

タクシーの運転手さんに聞いてみると、なんと朝から行列のラーメン店があるらしいです。だいたい、日本全国行くと、蕎麦系の町かうどん系(小麦系)の町のどちらかなのですが、この街は、ラーメン系の町。めずらしい(笑)

調べてみたら、歴史は古くて、関東大震災で被災して八戸に来たラーメン屋台を引いてた中国の方が、八戸ラーメンの発祥らしいですね。それを町おこしで2002年からがんばったとのこと。なので、さっそく、八戸文化に触れるために、朝ラーメン体験!

オーソドックスな八戸ラーメンをいただきました。縮れ麺の細麺。煮干し系のあっさりスープに、ネギとシナチク。あっさり派の僕は、好きな味。これなら朝から食べられます。

ということで、八戸の4つの特徴のまとめ。1、工業地帯。2、自衛隊の町。3、朝から温泉に入る文化。4、うどんでもそばでもなく、ラーメンの町。(あくまでも、笠岡の独断での視点です)

あと、八食センターに行ってきました。観光地を兼ねた市場です。ちなみに、上の八戸ラーメンもこの中のお店でいただきました。

中の市場。市場っていいですね。

ラーメン以外でも八戸のものをいただきましたよ。まずはしめ鯖。有名ですね。それから、後ろのイカの刺身。知らなかったのですが、八戸はイカの漁獲量が日本一らしいです。駅とかで「イカの町」と言うくらい、すごくアピールしていました。

で、イワシの焼いたやつ。300円。うまかったなぁ。

そして、せんべい汁。これは、有名。B級グルメの最初のチャンピオンでしたっけ?

寿司。お腹いっぱいだったので、魚を厳選。上が、そい。左が、さが(めぬけ)。右が生さば。

最後に、知らない町に行って一人になったら、やっぱりホテルでもらうこういうチラシに反応するんだなぁと。1日目の晩御飯。上のせんべい汁とかしめ鯖を食べた店は、ここから選びました。ビジネスホテルの販促、有効ですね。参考まで。

この時期の八戸は寒すぎて、仕事以外楽しめないと思ったのですが、とても楽しみました。

 

株式会社飲食店繁盛会
代表取締役 笠岡はじめ

 

 

 

お問合わせは、販促まるごとサポート(詳細ページ)お問合わせフォーム または、電話 03-5303-9841からお気軽に。

 



★追伸★

1.全国出張コンサルティング(5月受付終了。6月受付中)

笠岡が、お店に行ってアドバイスをする『出張コンサルティング』。お陰様で5月は受付終了しました。6月の受付開始しています。

笠岡にお店に来てアドバイスが欲しいとお考えの方はこちら

全国出張コンサルティング
http://hanjoukai.com/consulting/business_trip_consulting/


2.飲食店繁盛会のサービスを考えているのでとりあえず急ぎで話を聞きたい方へ(無料)

飲食店繁盛会のコンサルタントが無料でお話を伺い、不明な点などサービスについてご説明します。場所は、飲食店繁盛会事務所となります。メニューやお店の写真などお持ちいただくと、スムースになります。

申込みは、電話(03-5302-9841)か、問合せフォームからお願いします。