イベントでもサービスでも大事なのは提供側の感じ方ではなく
受け手側の感じ方。
どんなに提供する側がスペシャルなことをしても
受け手がそれを特別と感じないなら
それは特別なことではないといえます。
 
当たり前のようで、やってしまっていると思います。
 
例えば、新メニューや新しい取り組みを始めて
「これは人気出ると思う!」
 
といきこんではみたものの
あまり売れずに「なんでだろう…」
 
お客様にとってはそれは他でも味わえるものだったり
どこでも行っているサービスと同じに感じたではないでしょうか。
 
「食べてみればわかる・・・」
 
と思うかもしれませんが
食べなきゃわからないものは
わからないですよね。
 
なのでこの特別なことがあるのなら
しっかりと伝えていくことが必要ですし
受け手が良く考えなくても
「これはスペシャルだね!」
と感じるかどうかを
何か特別なことを始める時に考えてみてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^

私たちが、あなたに、何かお役に立てることは、ございませんでしょうか?
もし、何かありそうでしたら、無料相談でお話を聞かせてください。
無料相談の詳細・お申し込みはこちら

お問い合わせ

ご依頼及び業務内容へのご質問などお気軽にお問い合わせください