今、求められているのが資源の集中。
 
総合居酒屋やファミリーレストランが
苦戦しているのは、
店舗規模もありますが、
何でもかんでもそろっているという
幅広い商品の提供による
生産性の低さと、専門性が失われやすいことが
理由として考えられると小島は思います。
 
もちろん立地にもよりますが、
日本全体をみると難しいと言えるでしょう。
 
その総合居酒屋の欠点を補っている
横丁は、総合居酒屋だけど
専門性を感じるように個店の集まりという
魅せ方をしているので
とても考えられている業態といえます。
 
総合居酒屋が難しいというより
魅せ方、お客様への感じ方がとても重要です。
 
幅広い商品を揃えていても
軸を明確にしてその軸の商品群を厚くすることで
専門店の色合いを出し、他店との差別化を図り、
でも、入ってみれば商品の少なさを感じさせない
不満足を得ない商品があるようにすることで
専門性を出しながらも利用動機の広いお店とすることができます。
 
例えば、
総合居酒屋だと
A 串焼き 5商品
B 刺身  5商品
C 煮込み 5商品
D 炒め  5商品
E 揚げ物 5商品 
このような商品だとするのを

A 串焼き 15商品
B 刺身  3商品
C 煮込み 3商品
D 炒め  3商品
E 揚げ物 3商品 

このように軸を設定することで
串焼きのお店と認識してもらうことができ
串焼きに注文を集中することで
オペレーションを円滑にすることもできます。
 
これからは以下にお店の資源(ヒト・モノ・カネ)を
かけるべきところを選択して集中することが
重要となります。
 
今日はあなたのお店の軸を定めてみてはいかがでしょうか。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^

私たちが、あなたに、何かお役に立てることは、ございませんでしょうか?
もし、何かありそうでしたら、無料相談でお話を聞かせてください。
無料相談の詳細・お申し込みはこちら

お問い合わせ

ご依頼及び業務内容へのご質問などお気軽にお問い合わせください