原材料の高騰で原価が上がってしまい
考えるのがドリンクをもっと売れるようにしたいということ。
 
そう考えるともっと売れるドリンクを探したり
開発したりすると思います。
しかし、繁盛店で取り入れているドリンクを
導入しても効果は限定的となることが
ほとんどだと思います。
 
それはドリンクを売りたいからというお店都合で
考えてしまうからもあるでしょう。
 
顧客目線で考えるといかがでしょうか。
 
お客様からみると
ドリンクを注文するのには、
ドリンクを注文しなければならない環境が必要といえます。
 
例えば、お酒を注文して欲しいなら
お酒を飲みたくなる要素が必要です。
 
珈琲を飲んで欲しいのなら珈琲にあう
デザートといったように。
 
ついついドリンクの注文数を増やそうと考えると
視野が狭くなってしまいます。
今日はこの視野を広げてみてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^

私たちが、あなたに、何かお役に立てることは、ございませんでしょうか?
もし、何かありそうでしたら、無料相談でお話を聞かせてください。
無料相談の詳細・お申し込みはこちら

お問い合わせ

ご依頼及び業務内容へのご質問などお気軽にお問い合わせください