残念ながら不安定な天気と
平日夜はキャンセルが多く静かな日もあると思います。
 
そういう時に何をするかで今後の営業の先が
変わってくるといえます。
普段できないことが可能になるのが
閑散時です。
 
ここをただ「暇だな~」と過ごすのは
非常に機会損失になります。
 
こうした時こそ色々できます。
 
例えば、キッチンスタッフをホール業務を行ってもらう。
反対にホールスタッフをキッチン業務を行ってもらう。
 
もちろん補佐しつつ心理的安全性も保ちながら
他部門と言えるところで成功体験を積んでもらいましょう。
 
こうすることで、繁忙時にお互いをフォローしあえる関係ができ
さらに属人的業務も開放的になり、
スタッフ同士のコミュニケーションの活性化と
普段接点の少ないお客様とキッチンスタッフの
会話も生まれます。
 
固定化しがちな飲食店業務ですが
こうして固まらないように流れをつくることも
とても風土を健全に維持するために大事といえます。
 
行う時は何故行うのかを理解してもらい
簡単なことから始めてみてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^

私たちが、あなたに、何かお役に立てることは、ございませんでしょうか?
もし、何かありそうでしたら、無料相談でお話を聞かせてください。
無料相談の詳細・お申し込みはこちら

お問い合わせ

ご依頼及び業務内容へのご質問などお気軽にお問い合わせください