昨日、宴会に依存しすぎると危険というお話をしました。
 
では、どうすればよいのか?
リピート客が中心のお店が絶好調だよとも
昨日お伝えしました。
 
でも宴会取れないと勿体ないよね?
 
となると思います。
 
宴会はとらなくて、宴会利用は捨てて良いという訳ではありませんので
本日、補足させていただきます。
 
個人利用、会社の同僚と友人とそんな集まりで
利用されるお店は、売上は安定しています。
ただ、12月は宴会をとっていかないと
売上は伸びないといえます。
 
なので個人利用を中心にして
小宴会もとれる業態が小島のおすすめです。
 
30名~などの大きな宴会は無理でも
部署ごとの宴会はこれからも多く必要とされると考えられます。
 
4~10名程度の宴会。
 
ここはしっかりととれるようにしなければなりません。
カウンター席メイン+10名まで対応できるテーブル席
このレイアウトが人材配置を考えても良いと思います。
 
キッチンをぐるっと囲んだカウンター席。
 
しかもテーブル席までもすぐにコンタクトが取れるレイアウト。
これからは、いかにホールの人員を抑えられるかが
ポイントになってくると小島は考えております。
 
キッチンにスタッフが9割いて、
しかもお客様とコンタクトをとれる距離に
席を配置すること。
 
理想はテーブル席もキッチンからコンタクトとれること。
 
カウンター席とは離しつつ、キッチンからコンタクトとれる。
こうしたレイアウトが重要になってきます。
 
最近は配膳ロボットもありますが
あくまで配膳ロボットは弱みを補うものです。
 
接客は目配り気配り心配り
 
これはロボットが代わりになることはありません。
 
「気にかけてくれている」
 
これは人と人だからこそ成り立つものです。
なのでこれからは、キッチンの目の届く範囲。
そして、手の届く範囲が理想といえます。
 
逆張りの発想で目の届かない範囲は
常連様にお任せすることも面白いと思います。
 
目の届く範囲と手の届く範囲。
もしくはお客様にお任せ。
 
これがこれから開業する居酒屋のキーワードになると思います。
リニューアルや移転を考えているお店も今日は少し考えてみてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^

私たちが、あなたに、何かお役に立てることは、ございませんでしょうか?
もし、何かありそうでしたら、無料相談でお話を聞かせてください。
無料相談の詳細・お申し込みはこちら

お問い合わせ

ご依頼及び業務内容へのご質問などお気軽にお問い合わせください