この5月~6月に調子の良いお店に共通していること。
それは一言で言うと満足できる業態。
 
これはごく当たり前のことですが
その当たり前の満足がより2極化していると小島は感じます。
 
大衆的な業態。
もしくは客単価7000円~のお店。
クライアントもコロナ前の売上に戻ってきているお店は
このような共通点があります。
 
値上げの雰囲気だけど収入は上がっていない現状の中、
でも日頃の鬱憤を解消するために
「外食したい!」
 
という気持ちもありつつ、
この数年我慢し続けてきたから
「美味しいものを食べたい!」 
という気持ちもある。
 
どちらかを確実に満たすお店。
こうしたお店が選ばれやすいかと思います。
 
しかし、何も3000~6000円のお店がダメだという訳ではありません。
 
今は、より本質を求められています。
ちゃんと美味しい物。
外食だからコンビニやスーパーで買うよりも美味しい物。
 
本物を求めています。
なので大半を市販品の仕入れだけで
提供しているお店は
かなり厳しいと思います。
 
あなたのお店だけの味。
あなたのお店だけの美味しさ。
あなたのお店だけの楽しさ。
 
これを提供出来ているか今日は考えてみてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^