タブレット型POSレジが提供されてから
POSレジを導入しているお店はとても多くなったと思います。
 
しかし、POSレジを導入することでの
最大のメリットを理解している方は少ないのではないでしょうか?
 
このメリットをしっかりと理解することで
POSレジ本来のパフォーマンスを発揮できるといえます。
 
あなたはPOSレジを導入することで
どのようなメリットがあると考えていますでしょうか?
 
まず、考えられるのが
会計オペレーションの改善かと思います。
 
ハンディ端末でオーダー受付することで
会計時に改めてレジ打ちする必要が無くなりますね。
これはとても大きなメリットといえます。
 
他にもハンディ端末で注文をとることで
即座にキッチンに注文を伝えることができます。
 
また、精算時も即座にデータ集計され
日報作成もスムーズです。
 
とここまでが実際にPOSレジを導入して
みんな活用しているところかと思います。
 
ただし、これからがPOSレジの本来の強みだと
小島は考えています。
 
それは、そもそもPOSレジを導入する最大のメリットは
 
時間の短縮です。
 
オーダーオペレーションの時間短縮、
会計業務の時間短縮、
精算業務の時間短縮。
 
そもそもPOSレジを導入する最大のメリットは時間短縮といえます。
 
 
そこから考えてみると、
まだまだ、活用していない部分があるかと思います。
 
POSレジのPOSはPoint Of Salesの略で、
「販売時点情報管理」という意味です。 
 
そもそもPOSレジの本来の意図は
いつどの商品がどこでどれだけ売れたのか
といった情報を管理するためのものとなります。
 
あくまでオペレーション改善は副産物となります。
 
本来の力はその情報を一瞬にして集めて管理できるというところといえます。
 
よく使用するABC分析や時間帯別売上・客数など
これを手作業で集計するとなると
膨大な時間がかかってしまいます。
 
小島も昔、POSが入っていない時は
ジャーナルに打たれている商品販売数から
カウントして販売数を把握していました。
 
ABCを集計するために
全商品の販売数をカウントする。
 
これが一瞬でできるようになった。
これはとても大きな時間短縮です。
 
ただ大事なのはここからで
そうした情報を管理できても
それを活用しなければ、POSレジの本領を発揮できません。
 
最近のPOSレジは原価も入れることができたり、
簡易的なPLもできます。
 
現状は1か月単位で会計事務所でPLを
出してもらうのに、月末書類をすぐに提出しても
1週間~2週間先だったり、

後回しにしてしまえば、
2か月後とかにやっと2か月前の実績を把握している
お店も多いと思います。
 
今の時代は、それだと遅すぎますし
その間は例え赤字でも気が付かないで
垂れ流し状態になってしまいます。 
 
2か月後に気が付いて、
それから改善を考えて実践しても
効果が出るのはさらに1~3か月後。
 
こうなると半年近く赤字が続くことになります。
 
赤字が月に売上200万の店舗で5%の10万だとすると
半年で60万。
 
年間売上の2400万の2.5%にものぼります。
 
とても大きな損失です。
 
60万あればスタッフの待遇を良くすることもできますし、
お客様に喜んでもらえる販促もできます。
 
それだけ大きな支出を垂れ流してしまっているということです。
 
これを防ぐためにPOSレジはあります。
定期的な情報を把握することで
改善を早くする。
 
1か月の予算を達成するために
1週間単位で月末の予測を立て、
目標を達成するために不足するのなら
施策を打つ。
 
例えば7日営業して月末の予測を立てる。
そして、予算に届かない場合は
8~14日で販促を考えて告知、
15~22日で販促準備、
23日~月末で販促実施。 
 
こうして予算達成のための行動を行う。
 
このためにPOSレジはあると思います。
 
POSレジの最大のメリットは
このために必要な情報管理と分析を行う
時間短縮と言えるでしょう。
 
今日は、POSレジの最大のメリットを活用してみてはいかがでしょうか。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^