「思ったように売れない。」
「こう使って欲しいお店なのに。」
こういったジレンマ起きていませんか?
 
こうしたズレはメニューブックであったり、
ファサード、店舗外観、内装、接客などの
要素から起きてしまっていることが多いといえます。
 
例えば元々、
日本酒にこだわりお酒も飲める蕎麦居酒屋を
やりたくて始めたけど、
ランチの流れで定食メニューが増えて
いつの間にかに普通の蕎麦屋さんになってしまうこともあります。
 
お酒を飲ませるお店なのに
メニューブックが蕎麦セットから始まっていたり
店舗入り口で夜でも
定食セットのポスターや看板がメインになっていたり
テーブルにお通しした時に最初に
今日限定のおつまみのご案内をしていなかったり
飲みたくなる日本酒をディスプレイしていなかったり
こうしたことがお客様とお店の認識ズレを生んでしまいます。
 
なので今日はこの認識のズレが起きる要素がないか
チェックしてみてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^