この2年~で自転車操業のお店や
財務・数字に弱いお店は多く撤退したと思います。
 
そして、残ったお店の中でも繁盛店はより人が集まり、
そうでないお店は苦しいお店は依然として厳しい状況が続いています。
 
協力金で存続できていたお店も
協力金が無くなり、通常のキャッシュフローに戻ります。
 
協力金で一時的に入ったお金で財務が余計に把握しにくくなり
経営計画の見直しも必要になっております。
 
よりお金の流れについて知る必要が出てきているともいえます。
 
雇用調整助成金や協力金、様々な補助金。
先払いで行うものばかりです。
 
いくら補助金で補助されるといっても
キャッシュの持ち出しは先なので
3/4補助といってもよくよく資金計画を立てないと
手元のキャッシュが少なくなり、
余裕がなくなると経営者は心のゆとりもなくなり
ちょっとしたことでもイライラしてしまったり
スタッフに強くいってしまったりしてしまいます。
 
なので飲食店は今まで以上にお金の流れを把握する必要があります。
今日は時間をとってお金の流れを見てみてはいかがでしょうか?
会員の皆様はまずはご相談くださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^

私たちが、あなたに、何かお役に立てることは、ございませんでしょうか?
もし、何かありそうでしたら、無料相談でお話を聞かせてください。
無料相談の詳細・お申し込みはこちら

お問い合わせ

ご依頼及び業務内容へのご質問などお気軽にお問い合わせください