商品価格改定をする際、一番考えるのが値付け。
特に今は、仕入れ価格が安定しなかったり
高騰したりしています。
 
そして、仕入れの価格上昇にあわせて価格も上げるとなると
とても不安になりますね。
 
「こんなに高くてお客様は不満に思わないか?」
 
そんな不安がありましたらこのブログをお読みくださいね。
 
まず、あなたは商品価格をどのように決めていますか?
 
 
原価率が30%になるように設定している。
 
このパターンが多いと思います。
昔から言われている
FL60%
F:フード 30%
L:人件費 30%
 
この商品原価率30%を目指して
3割設定で商品を設定する。
 
この考えは、メリットとして
商品価格を決めやすいことがありますが
デメリットとして、
どれも当たり前の商品価格となるので
目玉消費や尖った商品をアピールしにくいことがあります。
 
原価率はすべての商品を
30%に抑える必要は全くありません。
 
全てのトータルで30%に収まれば良いのです。
 
なので、原価80%の商品や
原価5%の商品だってあって良いのです。
 
そして、何もトータルも原価30%に収まらなくても良いです。
FL、食材費と人件費で60%、
もっと言えばFLR、食材費と人件費と家賃で70%に
収まれば問題ありません。
 
簡単に言うと
F:40%
L:25%
R: 5%
でもOKです。
 
まずは原価率30%はあくまで標準的な数値を目指し、
商品ごとの原価率は30%でなくても問題ないことを
今日は覚えておいてくださいね。
 
明日は商品価格を決めるための知識として
原価率と粗利益額についてお伝えさせていただきます。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^

私たちが、あなたに、何かお役に立てることは、ございませんでしょうか?
もし、何かありそうでしたら、無料相談でお話を聞かせてください。
無料相談の詳細・お申し込みはこちら

お問い合わせ

ご依頼及び業務内容へのご質問などお気軽にお問い合わせください