陽性患者が増え続ける今のタイミングでコロナを生き残るために飲食店経営者が急いですべきこと

笠岡@飲食店繁盛会です。

ここ2ヶ月くらいコロナを乗り切るために「こうしよう!」とか「ああしよう!」とかをブログで伝えることを控えて、ひたすら全国の飲食店のリアルなアフターコロナ支援で駆け回っていました。

でも、ちょっと雲行きが怪しくなってきたので、久々に、今、このタイミングだからこそ必要なコロナを生き残るための笠岡の考えを書きます。

連日、東京を中心にコロナの感染者数が大幅に増えています。

PCR検査数を増やしているから陽性が増えるのは当然で、無症状患者が多く、重傷者も死者も増えていないので、今のところ、健康に多大な影響は無いはずです。

でも、実際に、飲食店には、7月2週目くらいから客数・売上に影響が出始めています。

だから、メディアのせいにしても政府のせいにしても(実際はそうだと僕も思いますが)、飲食店経営者は生き残るために動かなければなりません。

東洋経済ONLINEの新型コロナウィルス国内幹線の状況(2020/07/17)をデータはこんな感じです。

東京都のデータですが、たしかに東京都のPCR検査人数(右下)は増えていますが、PCR検査人数(左上)が6月初旬で1,500人/日くらいから直近が4,500人くらい。つまり、3倍に対して、東京都の検査陽性者数は、30人くらいから300人くらい、つまり、10倍に増えています。

このデータを見る限りでは、PCR検査人数の伸びよりも検査陽性者数の伸びのほうが、圧倒的に多いということです。データからみると、まだまだ陽性患者は増えると予測できます。

ちなみに、重傷者数は全国でも1日5人いれば多いほうですし、死亡者数も0の日が多いです。なので、繰り返しになりますが、このデータから見ると健康への過度に悪い影響は今のところ少ないと読み取れます。

でもですね、データがどうであれ、飲食店の営業という観点から見ると、この状況が続くと、そのうち緊急事態宣言のときの外出自粛に近い状態になる可能性が高いと思ったほうがいいでしょう。

(そうならなければよいのですが…)

これは第二波の前兆かもしれませんが、どちらにしても第二波は多くの人が予想していたことです。

予測しているなら対策しないと意味がありません。

(そこを見越して対策しようとしている飲食店経営者の方々が、笠岡や飲食店繁盛会に問い合わせをいただいています。)

だから、今、ここで、あなたのお店が生き残るために、もう一度、何が優先順位が高いのかをしっかりと考えて、そこにフォーカスして、そして、素早く行動することが大切です。

なんとなく普段の営業だけをしている方は、ちょっと気を引き締めてください。

今、本当に必要なこと以外に時間を使うことは最小限にして、生き残るために優先度の高いことに時間を使ってください。

緊急事態宣言のときみたいになった時、あなたのお店は、生き残っていけますか?赤字でもいいです。生き残れば、打つ手はあるので。

今は、状況が日々変わります。

だから、笠岡が考える、今、飲食店に重要なことを、2つだけ伝えさせてください。

1.どんな状況になっても打つ手なしにならなうように武器を持つこと。作ること。

これは、まずは、お弁当・お惣菜のテイクアウトや宅配、通販などから環境を再度整えて、いつでも本格的にできるようにすべきでしょう。

お客様が外に出れないなら、お客様に届けるのがセオリーです。

例えば、UberEatsやMenuなどに登録していなければ、今のうちに登録しておくとか、商品開発を今のうちにして、独自性のあるテイクアウト商品を作るとか。

ほとんどの飲食店が、状況が変わってから動き出すので、今から準備しておけば、商品にしても、それらのお店と差別化ができることでしょう。

笠岡が結構サポート依頼されているのはゴーストレストランです。

これは、外出自粛になったら威力を発揮すると思っています。また、テレワーク同様、新しい生活様式という文化にも定着すると思うので、長い目でみても準備して損はないと考えています。むしろ、ブランディング次第では、売上を結構ONできると考えています。

これらは、あくまでも武器なのです。

武器は使わない時は使わなくていい。

でも使わなければ行けない時に使える状態になっていないとダメです。

2.固定費と変動費率を下げること

次にやっておきたいのが、固定費と変動費率を見直すことです。5人で営業しているところは、売上に応じて3人で営業できる方法やルールを考える。ロスや無駄を減らすことを考える。

もしかしたら、今の状況は長引くかも知れません。(その確率が高い。)

普通に行動していては、コロナ前の60%くらいしか戻らないかも知れません。いや、外出自粛が断続的に起こると、もっと低い可能性もあります。

とは言っても、生き残るためには、様々な武器により、売上を積み上げて売上を戻していかなければなりません。売上を上げる方法は1つだけではないのですから。

売上を戻す武器を準備してるとしても、できる限り採算分岐点を下げることを考えましょう。

多くの飲食店は、採算分岐点を下げるのは難しいかも知れません。

でも、これからは、ちゃんと経営をしないと生き残るのが難しくなります。だから、せめて、数字をチェックして、採算分岐点を下げるためにできることを実行しましょう。

もしかしたら、外出自粛的な状態が8月にくるかもしれません。もしくは、12月かも知れません。来ないかも知れません。それはわかりません。

ただ、今の状況を見ると、外出時宿敵な状態になるリスクが高いです。それが見えているのです。だから、飲食店経営者は、今、このタイミングで、本当にやるべきことにフォーカスして、気を引き締めてください。

お互い頑張っていきましょう。

笠岡@飲食店繁盛会

<お知らせ>
飲食店繁盛会、笠岡から情報はこちらからお知らせしています。よろしければご登録ください。

飲食店繁盛会のメルマガ(オンラインセミナー有)
*無料メルマガに登録するだけで「小規模事業者持続化補助金とは?」「繁盛店の土台を作る売上アップノウハウ」のオンラインセミナーが視聴できます
飲食店繁盛会のFacebookページにいいね
飲食店繁盛会のTwitterをフォロー
●私、笠岡個人Facebookの友だちTWのフォローもお気軽に!

経営理念

繁盛店を増やすことは
幸せを増やすこと

飲食店繁盛会は、世界中の飲食店の売上と利益を上げ、幸せの絶対数を増やします。

▼飲食店繁盛会とは?→ https://hanjoukai.com/about/

追伸

よろしければフォローお願いします。有益な情報をお届けします。

【毎週火曜日8:00〜8:30】飲食店のためのZOOM朝活(無料)

自分の目標と未来にフォーカスすることを習慣化しませんか?飲食店のスタッフ参加も歓迎!
『飲食店のためのZOOM朝活(無料)』毎週開催してます!
 
朝活の詳細は→ https://hanjoukai.com/20200810-2/

無料動画セミナー2本公開中

『3ヶ月で儲かる飲食店に変わる 繁盛店になるための飲食店3点改善法』

https://hanjoukai.com/lp-oe3ten/

『町の飲食店が通販サイトをタダで作る方法』

https://hanjoukai.net/base-lp

★飲食店繁盛会の人気サービスを紹介します!

持ち出し35万で135万円分も可能!
小規模事業者持続化補助金「コロナ特別対応型」を活用した飲食店業態転換
お申込みが集中しております!詳細は下記よりご覧ください。
 
詳細・問合せ→ https://hanjoukai.net/hojokin-taiou

一番人気のサービス◎

1.『飲食店繁盛会 会員制飲食店コンサルティング』

実績のある飲食店繁盛会のコンサルティングノウハウやツールが使い放題!
オンラインでコンサルティングや実践サポートまで行うサービスです。
コンサルタントの手を借りながら、自分で自店の収益改善サイクルを継続的に回していくことが目標です。

詳細・問合せ → https://hanjoukai.com/member-lp/

*今なら初月無料。

とりあえず専門家にお店に来てもらいたい方にご依頼頂いています

2.『初回出張店舗診断』

全国どこでもOK!飲食店繁盛会のコンサルタントが、あなたのお店に伺ってアドバイスします

詳細・問合せ → https://hanjoukai.com/service/con/ssts/

3.金融機関様、飲食店サプライヤー様、商工会議所様、飲食企業様へ

セミナー・企業研修のご依頼はこちら
詳細 → https://hanjoukai.com/service/koushi/

サービス内容について説明を聞きたいという方はお気軽に下記からご連絡ください

問い合わせフォーム→ https://hanjoukai.com/contact/
電話 → 03-5302-9841