飲食店も「SDGs」について考えてみよう!

「SDGs」(エスディージーズ)とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。2015年9月の国連サミットにおいて採択され、2030年までに国際社会全体で達成すべき目標が記されています。

その内容は、次の17個のゴールから成り立っており、近年、政府や自治体、企業、学校などで、SDGsに対する様々な取り組みがされています。

(出所:国際連合広報センター)

「SDGs」17のゴール

  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべてのひとに健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  8. 働きがいも 経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 人や国の不平等をなくそう
  11. 住み続けられるまちづくりを
  12. つくる責任 つかう責任
  13. 気候変動に具体的な対策を
  14. 海の豊かさを守ろう
  15. 陸の豊かさも守ろう
  16. 平和と公正をすべての人に
  17. パートナーシップで目標を達成しよう

各17個の目標の中には、さらに詳細目標が数多く設定されています。それぞれの詳細に関しては、以下の国際連合広報センターのホームページをご参照頂ければと思います。

https://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/31737/

これら17個のゴールをザックリとまとめると、「世界中の人が安心して住むことのできる世界を作るためにすべきこと」ということが記されています。

SDGs と飲食店の関わり方と私たちにできること

今回のテーマは「SDGs × 飲食店」ですので、SDGsと飲食店の関わり方、そして「私たちができること」について少し考えてみたいと思います。

実は、ほとんどの飲食店が、SDGsに関する取り組みを「既に」行っています。

例えば、既に、高品質な商品・サービスを提供していますし、従業員が働きやすい職場環境の整備を行っています。また、節電や食材ロス削減など環境保全に繋がる取り組みも日常的に行っています。

しかし、近年のSDGsへの世界的な注目は、「もっとできることがあるはず」ということを私たちに問いかけています。

17個の目標それぞれに目を通すと、「貧困をなくそう」「飢餓をゼロに」など、私たちの身近な課題とは直接結びつかないような内容も含まれます。

しかし、「飲食店」という切り口からも、個人やチーム単位でSDGsの推進に向けて取り組めることは、もっとあります。

まずは、会社やオーナーがトップコミットメントとして、「うちもSDGsの推進に向けて何か取り組んでみよう!」と旗を掲げ、現場を巻き込んで方向付けをすることが大切です。

そして、自分たちのお店で何かできることはないか、運営と現場が一体となってアイデアを出し合いましょう。

例えば、ある飲食店では、これまで使用していたプラスチックストローを廃止し、紙ストローに切り替えたそうです。

プラスチックストローの廃棄は、海洋汚染の原因の一つとなるため、代替として環境にやさしい紙ストローを使用することにより、世界の海洋汚染が軽減されます。「14.海の豊かさを守ろう」を推進するための取り組みです。

他にも、以下のような取り組みが注目されています。

  • ある外食企業では、募金メニューの販売を行うことで募金を集め、貧困国にある学校建設に充て、貢献しています。
  • ある飲食店では、大豆と残留農薬ゼロの玄米を使った「代替肉」の導入を開始しました。動物由来ではなく植物性のたんぱく質に需要を移行させることで、畜産や養殖のために大量に使われている水資源・穀物資源の保全に貢献しています。
  • 「食品ロス削減」をテーマにした取り組みを行っている飲食店は多いです。

以下に農林水産省がホームページ内で紹介する、「飲食店等の食品ロス削減のための好事例集」をご紹介します。
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/recycle/syoku_loss/attach/pdf/170516-11.pdf

今の流れを見ると、小さな飲食企業でもSDGsに関わる目標設定は必要となり、有効となってくることでしょう。まずは、17個のゴールの詳細を読んで頂き、どのような目標設定がされているかを知って頂くところからはじめてみてください。

株式会社飲食店繁盛会
コンサルタント 河上 朗

Follow me!